嫁殺害後、母と実家に埋めた男の裁判で明かされた「悪辣な偽装工作」

「死体遺棄は認めますが、鷹仁がまさか本気でやるとは思わなかった。手助けするつもりはなかった」



 と、殺人幇助を否認した。



 両被告人は事件に至るまでの背景を詳細に語った。被害者の麻衣子さんが重い精神疾患にかかり、その言動が鷹仁被告を追い詰め、恵美被告を心配させたという構図だ。



 証言などによると、鷹仁被告と麻衣子さんは、双方の以前の勤務先にあたる銀行で2010年に出会った。職場恋愛を育んで約1年半後に結婚。なかなか子宝に恵まれなかったため、麻衣子さんは'13年ごろから不妊治療に通うように。



 その効果か'16年秋に長女が誕生するが、流産寸前で帝王切開による出産だった。長女が未熟児だったこと、子育ての悩みもあって麻衣子さんの精神状態は怪しくなり、精神科を受診したところ、「強迫性障害」といって極度の潔癖症のような病気だと告げられた。



 全国にその患者はおよそ100万人いるとされ、外出先から帰ると、すぐ手洗いを何度もするし風呂にも何度も入る。服を脱いで洗濯機に入れる。家族に強要するケースもあるようだ。鷹仁被告は、



「だから、親子3人で外出するときは『箸』と『箱』と『使い捨てのビニール手袋』を持参するんです」



 と証言台で告白した。



■このままでは長女が危ない

 帰宅時、汚れた手で触れなくてもいいように「箸」で照明などのスイッチを入れ、麻衣子さんと鷹仁被告がまずシャワーを浴びる。その間、入浴前の長女は「箱」に入れておく。「ビニールの手袋」は玄関のドアノブなど箸で操作できないものに使う。1箱100枚入りのビニール手袋を、1週間に3~5箱は使っていたという。


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「嫁殺害後、母と実家に埋めた男の裁判で明かされた「悪辣な偽装工作」」の みんなの反応 3
  • 匿名 通報

    精神科への入院を国が制限するようになったのも一因なんだろうね。色々な意見があるだろうが、近くにいなければならない人は本当に大変だよ。一度、体験すれば、簡単に批判的なコメントはできなくなるよ

    5
  • 匿名さん 通報

    ご主人の気持ちがわかる。潔癖症の人というのは、本人はいいかもしれないが、周りにはあなたは汚い、不潔、といつも言っているのと同じ。人格まで否定されているような気にさえなる。

    0
  • 匿名さん 通報

    加害者にとって厳しい判決だ。八方塞がりになっていたのはわかるし、精神科医もそういう証言をしている。妻の暴言、暴行を記録した音声や動画などはなかったのだろうか。

    0
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月12日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。