木村文乃、仕事の目標はあまりない「ただ守りたい自分の“生活”がある」
拡大する(全1枚)
木村文乃 撮影/廣瀬靖士

「やっと髪が結べるようになりました。ショートも好きだったけど、やっぱり伸ばす方向になりそうです(笑)」



 ついこの前までショートヘアだった髪を意識しながら、とびきりの笑顔をカメラに向けるのは、女優・木村文乃(31)。



 “30代が楽しみでしかたない──”



 20代のころ、しきりにそう言っていた彼女も気づけば31歳となり、



「(30代になって)TPOをわきまえるようになりました。どこに行くにもTシャツ、ジーパンではダメなんだなと(笑)。私、すっぴんでも平気で出かけてしまうんです」



 と、自然体で飾らない人柄が魅力的だ。



 そんな木村がヒロインを務める映画『ザ・ファブル』が公開される。岡田准一演じる伝説の殺し屋の相棒・ヨウコを演じ、髪を染めた派手な容姿で“チャラ男”を酔いつぶしていく姿はまるで別人!



「黒髪のままだと自分から離れることができないので、ここは潔く会社に“染めます”と。ヨウコはずっとテンションが高いので、エンジンを切らさないようにするのが大変でした。私とは全然違うタイプなのに、なぜか嫌いになれない。なんでだろう? と思ってたら、友達に話し方や振る舞いがヨウコにそっくりな子がいたんです」



■岡田准一の意外な一面

 激しいアクションも見どころで、特に主演の岡田の高すぎる身体能力には現場スタッフも驚愕(きょうがく)。だが、“相棒”を演じた木村は彼の意外な一面を目撃していたそうで……。