『銀魂』ついに最終回、終わると言われ続けていたのに「連載が終わらなかった」理由

『銀魂』ついに最終回、終わると言われ続けていたのに「連載が終わらなかった」理由
       
(左から)菅田将暉小栗旬橋本環奈/'17年・映画『銀魂』ジャパンプレミアにて

世の中を騒がせた事件やスキャンダル、はたまたちょっと気になることまで、各分野のエキスパート“セキララアナリスト”たちが分析(アナリティクス)! ニュースの裏側にある『心理』と『真理』を、学術的に解き明かしてご覧にいれます。



■『銀魂』が3度目の正直で最終回!

 マンガ『銀魂』が6月20日、ついに“グランドフィナーレ”を迎えた。



 本作は空知英秋先生による連載マンガで、2004年にスタートし、昨年9月に『週刊少年ジャンプ』で最終回を宣言。しかし終わらず、掲載誌を『少年ジャンプGIGA』、さらに2019年5月からはアプリ『銀魂公式アプリ』に連載を移したことから、一部では「終わる終わる詐欺」と揶揄(やゆ)されることも。



 2017年には小栗旬主演で実写映画化、翌年には第2作も公開し大ヒットを記録。菅田将暉、橋本環奈、柳楽優弥吉沢亮らの豪華キャストを、マンガ実写化の名手とされる福田雄一監督がユニークにまとめ、話題をかっさらったことは記憶に新しいところ。



 6月17日の配信で最終回を迎える……と告知したものの、それからまた3日延び、ようやく完結。こんなに時間がかかってしまったことには、どのような理由が考えられるのか? マンガ研究家で明治大学教授の藤本由香里先生に聞いた。



「あくまでこれは一般論ですが、長期連載となると伏線が多くなり、最終回に向けて風呂敷をたたんでいくのに手間どってしまうケースは多いのです。連載が長ければ長いほど、“あれが入ってなかった”とか“描いておきたいことがあった”というのは出てくると思いますよ。さらに、長い作品には思い入れも強くなるため、作者も名残惜しいと感じる場合もあるでしょう」


当時の記事を読む

菅田将暉のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「菅田将暉」に関する記事

「菅田将暉」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「菅田将暉」の記事

次に読みたい「菅田将暉」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月22日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 菅田将暉 CM
  2. 菅田将暉 Instagram
  3. 菅田将暉 まちがいさがし

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。