54歳女性を殺害した「家なし女と年下男」、奇妙な三角関係の末路

54歳女性を殺害した「家なし女と年下男」、奇妙な三角関係の末路
現場となった田中容疑者のアパート。周辺は静かな住宅街

「逮捕された女の子はサチって呼ばれていてね。家なし子で、ここらへんでは知られた子だったんですよ」



 事情を知る飲食店の女性店主は、今月8日、神奈川県警に殺人容疑で逮捕された無職・山田幸子容疑者(32)のことを、ポツリポツリと話し始めた。



■DV夫と離婚後、奇妙な人間関係に

 山田容疑者が川崎市麻生区に姿を現したのは、



「5~6年前かな。昨年まで駅近くに酒店があって、そこの角打ちでよく飲んでいました。スポーツ刈りで野球帽をかぶり本当に男みたいな格好をしていたんです。お金もないので、駅前のスーパーで万引きを繰り返すなどトラブルを起こす。素行もよくない子だけど、カラオケを歌いながら涙を流したり憎めない子でした」(前出・女性店主)



 その角打ちで山田容疑者は、ひとりの女性と知り合った。今回の事件の被害者、辻村幸代さん(54)だ。



「辻村さんは昨年の2月ごろに、DVのひどい夫と離婚したそうです。精神的にもかなり参ってしまい、心療内科にも通っていたようですよ。



 そのころから、帰る家のないサチを辻村さんが自宅に住まわせてあげるようになったんです。辻村さんもひとりになって寂しかったんだと思います。生活保護を受けていたようですが、サチにお金も貸していたみたいです」(同)



 面倒見のいい辻村さん宅に転がり込んだ山田容疑者。そこに今回、山田容疑者と一緒に殺人容疑で逮捕された無職・田中崇行容疑者(23)が加わり、奇妙な人間関係が誕生した。再び、女性店主の話。


あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2019年6月19日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。