井ノ原快彦が「つらい」テレビ朝日『特捜9』現場に浸透しすぎた“渡瀬イズム”

井ノ原快彦が「つらい」テレビ朝日『特捜9』現場に浸透しすぎた“渡瀬イズム”
井ノ原快彦

 6月26日に最終回を迎えた『特捜9』(テレビ朝日系)は13・8%の視聴率を記録。好成績を残したが、現場には不穏な空気が漂っていたという。



「特捜班の班長・宗方朔太郎を演じていた寺尾聰さんが卒業を発表。『特捜9』内部での確執が降板の原因です。“渡瀬イズムのない現場は面白くない”“渡瀬さんの影がすっかりなくなっちまったよ……”と周囲にボヤいていました」(制作会社関係者)



『特捜9』は'18年に始まった刑事ドラマシリーズ。前身は'06年から'17年まで放送されていた『警視庁捜査一課9係』だ。



渡瀬恒彦さんが係長の加納倫太郎役で、井ノ原快彦さん、羽田美智子さん、津田寛治さん、吹越満さん、田口浩正さんが演じる5人の刑事を指揮して事件を解決するドラマでした」(テレビ誌ライター)



 渡瀬さんは病床に台本を持ち込んでいたほど『9係』を愛していたが、現場に戻ることなく'17年3月にこの世を去った。



「翌年から『特捜9』という形で井ノ原さんがバトンを受けることになり、さすがに荷が重いだろうということで、渡瀬さんの後任を演じられるような人物として寺尾さんがキャスティングされたんです。



 彼は渡瀬さんの大ファンだったので二つ返事で受けてくれましたが、シーズン1の現場では“渡瀬さんの後をどう演じたらいいか、手探りなんだよね”と漏らしていたんです。寺尾さんほど経験のある役者でも演技を模索するなんて、渡瀬さんの抜けた穴は予想以上に大きいなと感じましたね」(テレビ朝日関係者)


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 井ノ原快彦 ドラマ
  2. 井ノ原快彦 上戸彩
井ノ原快彦のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2019年7月4日の芸能総合記事
「井ノ原快彦が「つらい」テレビ朝日『特捜9』現場に浸透しすぎた“渡瀬イズム”」の みんなの反応 1
  • 白石真唯 通報

    私は観たよ。埼玉の大学の寮の部屋で一人で観てたよ。イノッチ❤️最終回の方も観たよ。神奈川の藤沢の湘南台の家でも2度目観たよ。2回も観ちゃった。イノッチ大好き❤こんな演技みたの初めて❤️

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「井ノ原快彦 + 上戸彩」のおすすめ記事

「井ノ原快彦 + 上戸彩」のおすすめ記事をもっと見る

「井ノ原快彦 + ドラマ」のおすすめ記事

「井ノ原快彦 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「滝沢秀明」のニュース

次に読みたい関連記事「滝沢秀明」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。