《和菓子店娘殺害》近隣住民の証言で明らかになった、父の女グセと “娘との距離”

《和菓子店娘殺害》近隣住民の証言で明らかになった、父の女グセと “娘との距離”
小学校時代のいぶきさん。物静かで成績は優秀だった

 東京・荒川区の和菓子店『菓匠 木津屋』の店主、木津英喜さん(43)の足取りが途絶える直前、7月6日土曜日午後4時ごろに木津さんに会ったという人物がいる。



 70代後半の知人男性は、



「暗い表情をしていて、いつもは目を合わせてしゃべるんだけど、あの日は合わせないのよ。それでオレは、体調を気にして“病院に行ったら”って言ったけど、何も答えなかった」



 いつもと違う様子の木津さんが気になったという。



■肉体関係を迫った可能性もある

 その後、木津さんは、午後4時半ごろ→妻に連絡。「仕事が終わった」午後6時半過ぎ→自宅に電話。「手首を切って死ぬ。川に沈んで死ぬ」午後7時ごろ→再び自宅に電話。「娘を店で切った。死にたい」と3度、家族に連絡をした。



「2度目の電話の際、木津さんの息子が“お父さんが自殺しようとしている。お母さんが電話で止めている”と110番通報。捜査員が和菓子店を捜索したところ、7日午前0時50分ごろ、業務用冷蔵庫内で女性の遺体を発見した。店内には、木津さんが書いたとみられるメモも残されていた。そこには《2人で死のうと思う》などと無理心中をほのめかすことが書かれていたそうです」(民放報道局員)



 幅約140センチ、奥行き約73センチ、高さ約85センチの冷蔵庫に体育座りで押し込められていた遺体は、木津さんの娘のいぶきさん(18)だった。6日朝、アルバイト先に向かったが無断欠勤していた。


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2019年7月16日の社会記事
「《和菓子店娘殺害》近隣住民の証言で明らかになった、父の女グセと “娘との距離”」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    ニュースで初めて聞いた時に不自然だと思ったことが全て腑に落ちた。 再婚相手の子供狙いの糞野郎だったのね.....娘さんの冥福を切に願います。 お母さんも気付けなかったのかね....

    16
  • 匿名さん 通報

    そうゆう事だったのか…かわいそうな“娘さん”。

    9
  • 匿名さん 通報

    娘ともめて殺害して冷蔵庫に入れてまったく腑に落ちなかった父親が血がつながっていない連れ子の娘を性愛的虐待していたように思える 今から人生始まろうとしていた娘がこんな性的異常者の犠牲 辛かったでしょう。

    4
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。