高齢女性宅の玄関に、タバコの吸い殻を4年間大量投棄した男の “心の歪み”
拡大する(全1枚)
吸い殻バケツがぶちまけられた女性宅玄関先。タバコのにおいはなかったが、地面にはシミが残る

「私もどうしてあの子がこんなことをしたのかわからないんです。お母さんとお父さんはよくうちには来て、お土産を渡すとなんでも喜んで受け取ってくれましたけど、本人とは1回もしゃべったことがないんです」



 被害女性(96)は逮捕された容疑者に衝撃を受けていた。



■防犯カメラの設置で御用

 富山県警は5日、一般廃棄物であるタバコの吸い殻などをみだりに投棄したとして廃棄物処理法違反の疑いで富山県南砺市のパート従業員・後藤一志容疑者(59)を逮捕した。被害女性宅では約4年間、何者かが玄関先に大量のタバコの吸い殻や汚濁水をぶちまける嫌がらせが続いていた。



「被害者から相談を受け、同日未明、張り込み捜査によって容疑者を現行犯逮捕することができた」と捜査関係者。



 容疑者宅と被害者宅は歩いて5分圏内だった。



「男なのにやることが小さいんだよ。防犯カメラにもキョロキョロと人目を気にしている姿が映っているし、犯行時間はほぼ人通りがなくなり新聞の配達が始まる前の午前2時ごろだから、狙ってやったんだろうね」(近くの飲食店主)



 被害女性は足腰が悪く、吸い殻の片づけもやっとのこと。かねて周囲にも相談しており、防衛策を取っていた。



「市議会議員から“防犯カメラを取り付けたほうがいい”と助言されて実行したようです」(地元関係者)



 執拗に女性宅を狙って不法投棄を繰り返したとみられるこの男、どんな人物なのか。