「令和元年」硬貨が500円玉・100円玉から製造開始、いつ私たちの財布に?

「令和元年」硬貨が500円玉・100円玉から製造開始、いつ私たちの財布に?
令和元年の文字が入った500円玉と100円玉 提供/(独)造幣局

 5月1日に改元され、新しい時代『令和』が始まって3か月余り。徐々に新元号が定着する中、まだお披露目されていないのが『令和元年』と刻印された硬貨だ。財布の中には平成と昭和の硬貨が入り混じっており、キラッキラの令和元年モノを見かけることはない。



 硬貨などの製造を行う独立行政法人造幣局(大阪市)によると、令和元年硬貨第一号が誕生したのは7月11日のこと。新元号発表後から金型を作り始め、ようやく令和元年の文字が入った貨幣の製造が開始された。



「最初は500円玉、100円玉から。現在はほかの硬貨も製造中です」(造幣局広報担当者)



 令和元年の硬貨の製造を担当するのは造幣局の大阪工場。圧印機という機械が20台あり、1台で毎分750枚の硬貨をつくる。金型を交換しながら1日あたり計約500万~600万枚を製造し、年間約10億~11億枚にのぼるという。



 財務省の計画では、今年度製造される硬貨の枚数は1円から500円まで合わせて約10億枚。しかし、来年1月以降は令和2年になるため、



「そのうちどれくらいの枚数が『令和元年』の硬貨になるか、現段階ではわかりません」



 と財務省の担当者。



 いずれにせよ、令和元年硬貨が製造されるのはあと数か月間なのだ。



 そんなプレミアム感がある令和元年の硬貨、いつから出回るのだろうか。



 硬貨は造幣局で製造されたのち、日本銀行に引き渡され、各金融機関を経て、ようやく私たちの手元へとやってくる。


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「令和元年」硬貨が500円玉・100円玉から製造開始、いつ私たちの財布に?」の みんなの反応 1
  • おども銀行ニュース 通報

    今回より、材質が子供銀行券セット同じプラスチックに、なるような~ならないような~

    1
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月12日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。