【茨城県・高齢夫妻殺傷事件】複数箇所をメッタ刺し、怨恨の原因は“危険な趣味”か

「昔、外国人労働者が数名、働いていたので、コミュニケーションを図るために、仕事が終わったあとにみんなでよく食事に行ったんですよ。ところが、功さんは“妻が手料理を作って待っているのでオレはいいよ”と言って、1度も参加したことがない。それくらい恐妻家というか、愛妻家でした」



 妻の裕子さんは功さんより10センチほど背が高く、天真爛漫ではきはきした人のよう。



「彼女は東京から嫁に来た人。食品加工会社や、金属加工会社などでパートを長くしていた。旦那さんを車に乗せて、いろんなところに出かけていました。2人とも、つれあいの悪口や愚痴は聞いたことがないくらい」



 と友人は円満ぶりを語る。次男については、



「長男は生まれてすぐに亡くなっているから、戸籍上は次男なんですが、実質は一粒種で、両親から溺愛されて育ってる。まだ独身で、親とも非常に仲がよくて、最近でも仕事を休んで、功さんを車で人工透析に連れて行っていました」(親族)



 しかし、裕子さんに関しては昔、こんな話も。



「都会育ちなので、田舎の老人会の古い因習やしきたりにはっきり反発してね。一時期は対立したこともあったけどさばさばした性格なので、後腐れはなかった」(友人)



 恨みまで買うような一家ではないようだが、父子がたしなむ「趣味」がトラブルを引き起こしたのでは──という話が地元で浮上してきている。



■浮上してきた父子の「趣味」トラブル

 亡くなった功さんの趣味はニワトリの一種である軍鶏の飼育。数十年前から自宅で20羽ほど飼育しているという。


あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2019年9月10日の社会記事
「【茨城県・高齢夫妻殺傷事件】複数箇所をメッタ刺し、怨恨の原因は“危険な趣味”か」の みんなの反応 29
  • ピュアピュアリップ 通報

    どちらにせよ外国人労働者が生活圏にいると大変なのはわかりました。

    43
  • 匿名さん 通報

    闘鶏、釣り、ゴミ捨て、バイク、等々 取り止めない。一体何が 原因やらサッパリ分からん。もっと絞り込んでから記事にすべし。

    33
  • 在日婆さんには無言を通された 通報

    子供の頃、近所のスーパーに母と買い物に行った。買った商品を買い物袋に入れる時に財布を台の上に置いたままよそ見をした瞬間に近所の在日の婆さんに財布を盗まれた。皆さん、在日にも注意して下さい。

    20
  • 匿名さん 通報

    全部推測。これで怨恨とかいう記事を書く「週女」の方が恨みを買いますよ。

    16
  • 匿名さん 通報

    ベトナム人農業実習生が逮捕された事件?

    16
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。