カジノ誘致で地域の未来はどうなる?「女性活躍」or「ママがハマって家庭崩壊」

カジノ誘致で地域の未来はどうなる?「女性活躍」or「ママがハマって家庭崩壊」
拡大する(全1枚)
※写真はイメージ

 大阪府和歌山県長崎県だけでなく横浜市の“参戦”で、国内にもカジノができる日が一気に現実味を帯びてきた。期待する人、反対する人それぞれの声を聞いてみると……。



■雇用増で就職先が増える?

 横浜市の林文子市長は8月22日、同市へのIR(カジノを含む統合リゾート)誘致を正式に決定。「白紙」から一転推進へ。カジノ誘致の賛否をめぐる議論が再燃している。



 IRはカジノのほか国際会議場やホテル、アミューズメント施設などをあわせ、家族全体で楽しめる新たな観光地として地域経済の活性化や雇用増として期待されている。



「カジノでは女性の管理職が多い。女性の活躍や社会進出にも貢献しているんです」



 と話すのはカジノディーラーを養成する日本カジノスクールの大岩根成悦校長。



 カジノが24時間営業となった場合、1か所につきディーラーだけで2000~3000人、IR全体では1万人規模の雇用が生まれるという。



 カジノ誘致に手を挙げる和歌山県でも、就職先が増えることで人材流出の歯止めやUターンへの期待を込める。



 しかし、カジノを研究する静岡大学の鳥畑与一教授(国際金融論)はそれに反論する。



「カジノに人手が取られ、しわ寄せがくるのは地域の企業。企業が廃業すれば税収は減り、負担は市民にかかる」



 カジノを利用すれば買い物、食事、宿泊が割引されるなどのシステムでは客は地域観光に出ない可能性もある。鳥畑教授によると、米国・アトランタではカジノが原因で廃業した老舗レストランや空き地だらけの街並みの事例があるという。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「長崎県」に関する記事

「長崎県」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「長崎県」の記事

次に読みたい「長崎県」の記事をもっと見る

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク