《ガラス越しの死刑囚》殺人事件の背景にあった、彼の孤独と貧困【後編】
拡大する(全1枚)
土屋死刑囚からの手紙   殺人事件の犯人に科せられる、この国の最高刑罰『死刑』。現在、日本にいる死刑囚は約110名。毎年のように死刑の執行が行われているにもかかわらず、何十年もの間、その現場は厚い雲で覆われてきた。その雲の先には何があるのか。凶悪な殺人を引きおこす者とは、一体どんな表情をしているのだろうか。本稿は、現在、ある死刑囚と手紙のやりとりや、面会を続けている河内千鶴によるものであり。《ガラス越しの死刑囚》拘置所で会った彼が、一度だけ笑顔になった瞬間【前編】の続きである。

 『前橋市高齢者連続殺人事件』という事件をご存じだろうか。2014年11月に群馬県前橋市にて高齢者1名、続いて12月に高齢夫婦を殺傷した強盗殺人事件である。筆者は、「死刑制度」に違和感を覚えたことから、この事件の犯人である土屋死刑囚と文通・面会を重ねていくうちに、「目の前の彼は、最初から凶悪だったのだろうか」「なぜ、人を殺(あや)めてしまったのだろうか」そうした疑問を抱くようになった。同時に、“凶悪な事件を起こした彼”と、“目の前にいる小心者の彼”という、あまりにかけ離れた印象に動揺を隠せずにいた。



 そうした疑問の答えを突き止めるため、土屋死刑囚の生い立ちや事件の詳細を追うことになる。彼のこれまでの人生の足跡をめぐる旅に出かけ、事件背景をたどっていくうちに浮かび上がってきたのは、彼の“孤独”と“貧困”だった。



 逮捕時は無職で、1円も所持しておらず、過去に勤めていたラーメン店へ侵入し食材を数千円分盗んでいたこともあり、県警は生活の困窮が事件の背景にあるとみていた。