自殺願望を抱き続け死を迎えた女性たち、生前に聞いた深い「闇と病み」

「死にたい」「消えたい」……。
 自傷行為を繰り返し、自殺サイトへ訪問。その心の闇の原因はなんなのか。若い女性が思い悩む「闇と病み」。自殺願望を抱きながら自らの命を絶った彼女たちは、何を考え生きていたのだろうか。生前、その根源にあるものと本音を聞いてみたーー。
自殺願望を抱き続け死を迎えた女性たち、生前に聞いた深い「闇と病み」
写真はイメージです

 国の「自殺対策強化月間」は3月。これは、「自殺対策基本法」によって定められている。一方、9月は「自殺予防週間」(10日から16日まで)がある。これも、同法で定められており、自治体によっては「月間」とするとこともある。10日は、世界保健機関が「世界自殺予防デー」とし、9月は自殺に関する話題が増える時期だ。



 筆者は、1990年代後半から、主に子ども・若者の「生きづらさ」や「自殺」をテーマに取材してきた。そのため、自殺のリスクが高い当事者を取材することも多い。実際、取材後、数日から数年後に自殺をしてしまった人も多く、知る限りでも40人前後の当事者が亡くなっている。今回は、その中から、2人の女性の話を紹介したいと思う。



自殺未遂は30数回、彩花の場合

 南関東在住の彩花(仮名)は30代のとき、自宅で亡くなった。処方薬の大量服薬が原因だったとみられている。



 彼女が「死にたい」と最初に思ったのは17歳のころだ。ある雑誌の記事を見て希死念慮(きしねんりょ)を抱くようになったというので、自殺関連の記事かと思ったが、違っていた。



「あるバンドのライブで、会場に来ていたファンたちが将棋倒しになった、という記事を読んだんです。誰かが亡くなったとは明確には書いていませんでしたが、いつどんなことが起きるかわからないんだ、と思ったんです」


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2019年9月21日の社会記事
「自殺願望を抱き続け死を迎えた女性たち、生前に聞いた深い「闇と病み」」の みんなの反応 66
  • 匿名さん 通報

    結局どうしようもなくね?周りの環境が関係ない話になってるし

    13
  • 匿名さん 通報

    鬱病を患って3年になりますが、生きている心地がしません。なんでこんなページ開いちゃったんだろう。

    9
  • 匿名さん 通報

    10:24 あなたは、その考えでかまわんと思うがそれを他人に強要する事だけはしないように!人それぞれ、脳内伝達・幼少期からの育てられ方、人間関係・労働環境など違います。故に、記事の状態になる方もいる。

    8
  • 匿名さん 通報

    2019/09/22 10:24  こういう体育会系バカのほうがこの世から去ればいいのに。

    7
  • 匿名さん 通報

    イメージ写真は別の物にしませんか? 悩んでいる人もこの記事を見る事もあります。わざわざ暗くて悩みこんでいる人の写真を使う必要もないと思いますよ。

    6
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら