ため息も出ない年金崩壊の未来「非正規・氷河期世代の老後は3000〜4000万円不足」

ため息も出ない年金崩壊の未来「非正規・氷河期世代の老後は3000〜4000万円不足」
※写真はイメージです

 私たちの老後生活を支える年金は、これからどうなるのか─、それを指し示す報告書が8月27日に厚生労働省から発表された。「将来の公的年金の財政見通し」(通称、財政検証)だ。通常なら6月に発表されるはずのものだが、今年は2か月遅れての発表に。



「参院選前に発表すると、与党の選挙結果に不都合な影響を及ぼすことでも書いてあるんじゃ……」という参院選への「忖度疑惑」も飛び交うなか、ようやく判明した。



■「もうまったくダメ。すでにダメ」

 その内容について「年金博士」こと社会保険労務士の北村庄吾さんは、次のように指摘する。



年金制度は危機的な状況です。受給額が増えそうな見通しはひとつもありません。以前、年金だけでは2000万円足りないという老後2000万円問題が話題になりましたが、それどころか2500万円、3000万円も足りない。そういう内容になっています」



 そもそも年金制度は「100年安心」と発表されていたはず。いったい、どういうことなのか?



「確かに、制度自体は100年維持できるでしょう。極端な話、年金が月2万円に減ったとしても、制度そのものが存在していればいいわけですから。ただ、いまのように現役世代が払った保険料を高齢者に配るという世代間扶養の『賦課方式』を続ける限り、先行きは暗い。



 少子高齢化で、1960年ごろは11人の現役世代で1人の高齢者を養っていたのが、いまは2人の現役世代で1人の高齢者、いずれは1・3人で1人を支えなきゃならなくなる。こうなると世代間扶養なんてどだい無理な話で、年金額は減る一方でしょう。制度自体はボロボロになりながら維持できるでしょうが、その年金で老後生活が賄えるかといえば、もうまったくダメ。すでにダメという話です」(北村さん)


あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2019年9月13日の社会記事
「ため息も出ない年金崩壊の未来「非正規・氷河期世代の老後は3000〜4000万円不足」」の みんなの反応 107
  • 匿名さん 通報

    消費税なんかいらない。 法人税上げればいいじゃん。 それで潰れる企業はどうせブラック企業だ。

    15
  • 匿名さん 通報

    氷河期世代本人を煽る言い方はやめろよ!新卒にばかり拘る企業に大問題があるだろ?ブランクがあっても職務経歴豊富な中途は、新卒より仕事できる能力は高い可能性あり積極採用すべきだ。ニートとかテレビも悪!

    13
  • 匿名さん 通報

    この頃には、安楽死が認められるようになっているだろうから好きな時に逝けると思う。そのほうが不幸にはならない!だから、長生きしましょうなどとメディアは言うな!(でないと国が面倒みれる訳がない)

    8
  • 匿名さん 通報

    好きで非正規・氷河期世代に生まれた人は少数なのだから、年金格差は最小限にしてもらいたい。今は貰い過ぎの人と少なすぎる人の格差がハッキリしている。こんなの努力でも、甘えでもない!運が良かっただけだ。

    4
  • 匿名さん 通報

    40代50代はリストラ60代は年金対策の準社員。30代は非正規氷河期世代(この記事)。まともな世代はどこ?

    3
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら