萩野公介、“息子がmiwaとデキ婚”で実母がほのめかした「歯切れの悪い」胸中

環境の激変が、親子の距離を遠ざけてしまったのか。



家族問題評論家の池内ひろ美さんに話を聞いた。



「萩野さんはまだ若い。妻が年上といっても、出産できる年齢ということが親にとってはいちばんありがたいことです。今は、大事に育てたひとり息子が結婚しないことで悩むお母さんも多い時代。さらに、結婚はしたけど、嫁が子どもをつくる気持ちがないことで心を痛めるお母さんも多いんですよ。その点では、このふたりはものすごくいい結婚なのです」

次に読みたい関連記事「結婚」のニュース


ずっと世話をしてきた息子が結婚することで、複雑な気持ちにはならないのか。



「男性が年下の女性と結婚して、結婚した後に妊娠するという結婚観が今でも日本では強い。そうじゃないというショックな気持ちはあるのかもしれません。ただ、冷静に考えると、年上の女性だから、自分の息子の弱いところをカバーしてくれるかもしれない。プラスの要素を考えて、きっとこれで息子が幸せになるんだということで、母親は自分の中で折り合いをつけていくものです」(池内さん)



両親もmiwaも、いちばんの望みは萩野の五輪出場のはず。200mも400mも個人メドレーの出場枠はあとひとつずつなのだ。



《進めないでいるなら 複雑な感情 全部捨てちゃえ》─これはドラマ『凪のお暇』(TBS系)の主題歌でmiwaが歌う新曲『リブート』の歌詞。8月の復帰戦では結果こそふるわなかったが「足りないものを全部を楽しみながら、できないものができるようになると思うとワクワクする」と前向きに語っていた萩野。伴侶を得て、萩野も“再起動”したようだ。



あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2019年9月11日の芸能総合記事
「萩野公介、“息子がmiwaとデキ婚”で実母がほのめかした「歯切れの悪い」胸中」の みんなの反応 8
  • 匿名さん 通報

    あの嫁が下げま んなのは確かで、親も微妙だわな。幸せなら別にいいけど”仕事”成績が悪ければ困るという所だろう。

    9
  • 匿名さん 通報

    miwaにうつつ抜かして燃え尽き症候群だったのか()

    4
  • 匿名さん 通報

    あと『自分の息子を取られた』って感覚まんま()

    3
  • 匿名さん 通報

    わりと地味な風貌の息子には、あのmiwaは派手好きするようにみえるはずですよ。 瀬戸だいやの奥様は知性的にみえるし、 お母様としたら、地味な知性派の嫁さんが安心しますよね。

    3
  • 匿名さん 通報

    抜きまくって抜かれまくって、ウーン。 成績どころじゃなかったろうよ。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「離婚」のニュース

次に読みたい関連記事「離婚」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「不倫」のニュース

次に読みたい関連記事「不倫」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら