婚活ヤリ逃げ男と復縁したい! 彼に二者択一を迫り──38歳・桃子の悲劇〈後編〉

 行政書士・ファイナンシャルプランナーをしながら男女問題研究家としてトラブル相談を受けている露木幸彦さん。露木さんが見てきた、夏の終わりに激増する男女トラブルとは? その対処法を考えていきます。(後編)



婚活ヤリ逃げ男と復縁したい! 彼に二者択一を迫り──38歳・桃子の悲劇〈後編〉
※写真はイメージ

 婚活アプリのプロフィール欄に「真剣交際を希望」「早く結婚したい」「子どもが欲しい」と書く女子は、羊の皮をかぶったオオカミの男性にとって“いいカモ”です。



 今回の相談者・小玉桃子さん(仮名=38歳)は、婚活アプリで出会った東大出身の34歳、金融マンで年収1200万円という男性と交際をスタート。出会って3回目の居酒屋デートで雰囲気に飲まれて大量に酒をあおり、彼の自宅で身体の関係を持ってしまいます。しかしその直後に彼と音信不通になってしまい──。



<前編はこちら>



■桃子さんがヤリ逃げ男に送った手紙

 今回の場合、性交渉の場所が彼の自宅だったのは不幸中の幸いでした。彼の住所がわかればアプリを退会され、LINEをブロックされ、メッセージを送れず、電話もかけられない状況でも手紙を送ることが可能になります。もちろん、桃子さんにとって当日の様子を思い出すのは苦痛以外の何物でもありませんが、他に方法はないので仕方がありません。曖昧な記憶を頼りに居酒屋からの道順を辿り、マンション名と部屋番号を特定することができたのです。



 桃子さんはこのような手紙を彼の住所へ送りました。



《結婚したいって嘘だったの? あなたのせいで私の人生めちゃくちゃなんだけど。弱っている私なら簡単にヤレるって思っていたの? ひどすぎるよ!

 あの日から私がどんな気持ちで待っているか分かる? いろいろ考えちゃってお布団に入っても眠れないし、ご飯の味も分からないし、会社に行くとき、電車に飛び込みそうになるの。全部あなたのせいなんだから、慰謝料(30万円)を払ってください。

 〇〇銀行 〇〇支店 普通預金 *******
 小玉桃子(コダマモモコ)

 でも、払いたくないなら、ちゃんと返事してください。今までのことは許してあげるから。》


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2019年9月22日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「婚活 + アプリ」のおすすめ記事

「婚活 + アプリ」のおすすめ記事をもっと見る

「婚活 + 大阪」のおすすめ記事

「婚活 + 大阪」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「就職活動」のニュース

次に読みたい関連記事「就職活動」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。