千葉の大停電の夜を照らした人々の絆と、「人間性」が出た一流芸能人の振る舞い

千葉の大停電の夜を照らした人々の絆と、「人間性」が出た一流芸能人の振る舞い
屋根も壁も吹き飛ばされた茂串龍蔵さんの家=鋸南町 猛烈な台風15号の影響で電力供給がストップし、真っ暗な夜が何日も続いた。夕飯時、ランプのわずかな明かりを頼りに家族と話したのは、ご近所さんの心配だったという。都会では失われた絆が漁師町にはある。

「ようやく停電が解消して、ひと安心。でも、やらなきゃいけないことは、まだたくさんありますからね」



 と話す表情は少し穏やかに見えた。



 千葉県防災危機管理部の発表(9月18日)によると、9日に同県に上陸した台風15号の影響によって県内で6人が重傷を負い、軽傷者は83人。



 鉄道の一部運休のほか道路の全面通行止めは232か所にのぼり、住宅被害は6000棟を超える。約4万4300軒で停電が続き、断水も計6913戸とライフラインが寸断され、完全復旧の見通しは立っていない。



■自分のことは後回し、一人暮らしの高齢者のもとへ

 千葉県3名山のひとつ、鋸山の南に位置する海沿いの鋸南町。毎朝、新鮮な魚介が水揚げされる勝山漁港の近くで水産業を営む蛭田豊さん(63)は冒頭のように話すと、想定以上に長引いた停電生活を振り返った。



「困ったのは携帯電話の充電ができなくなったこと。家族・知人・関係先などと連絡がとれず、復旧状況や行政支援の情報収集もできなくなってしまうから」(蛭田さん)



 そこで、近隣住民向けに自宅で無料充電サービスを始めることを思いついたという。



「町役場では1人10~20分限定で充電させてくれましたが、それだとせいぜい数分間話したらまた充電切れで列に並び直さないといけない。うちには小型発電機があったんです」(蛭田さん)


あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2019年9月23日の社会記事
「千葉の大停電の夜を照らした人々の絆と、「人間性」が出た一流芸能人の振る舞い」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    佐藤浩市って、あの難病患者をおちょくって誹謗した人ですか。人気挽回のために報道人つれてボランティアいったの。あの、雨上がりの宮迫と同じパターンですね。ご苦労さま。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。