星野源、“変態エッセイ”文庫化でごっそり削除した「禁断エピソード」

星野源、“変態エッセイ”文庫化でごっそり削除した「禁断エピソード」
星野源

 ミュージシャンとしても役者としても引っ張りだこの星野源。彼のもう1つの顔が文筆家で、これまでに6冊ものエッセイを出版している。



 そのうちの1冊が、’14年に出版された『蘇る変態』。こちらはファッション誌の3年間の連載をまとめたもので、彼が多忙な日々のなか突然、病に襲われた際の闘病の記録と、彼が大好きなAVなどのエロの話が散りばめられた1冊だ。そんなエッセイが9月3日に文庫として改めて発売。初週で2・4万部を売り上げ、文庫ランキング1位のヒットとなった。宣伝文句は、《エロも哲学も垣根なく綴った怒涛の3年間。》だ。



「星野さんは、さわやかで柔和なイメージがありますが、大のAV好きで、自身のラジオやライブではあけっぴろげに話しています。ファンたちはそんな星野さんの“変態さ”も含めて好きな人が多い印象ですね」(音楽ライター)



■文庫の修正箇所は100か所以上

 今回文庫化されたエッセイのタイトルにも“変態”の文字。しかし、こちらの文庫版は元の書籍とだいぶ内容が変わっているという。



「AVや風俗などのエロネタ、芸能人の名前を出した場面、チクリと批判したような話が根こそぎカットされているんです。修正箇所は細かく、大きなカットなど合わせて100か所以上ありますね」(出版関係者)



 エロも哲学も垣根なく、だったはずなのに……。



「全体的に表現を緩やかにしたりしているんです。たとえば《俺》だった部分を《私》にしたり。エロ話はまったくなくなったわけではなく、《処女》だった部分を《ヴァージン》に、《オナニー》を《自慰》に変えたりしていますね」(同・出版関係者)


当時の記事を読む

星野源のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース オリジナルの主要ニュース

もっと読む

「星野源」に関する記事

「星野源」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「星野源」の記事

次に読みたい「星野源」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月24日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 星野源 twitter
  2. 星野源 ドラえもん
  3. 星野源 ライブ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。