加藤浩次「あとはサインだけ」の一方、宮迫・亮の気になる “現在地”

加藤浩次「あとはサインだけ」の一方、宮迫・亮の気になる “現在地”
拡大する(全1枚)
加藤浩次

「実は、加藤浩次さんが望んでいた“専属エージェント契約書”はすでに完成していて、本人も内容を確認し、納得しているそうです。あとは加藤さんがサインするだけと聞いていましたので、ここ数日の間で契約が結ばれている可能性もあります。



 このエージェント契約は、あくまで“業務委託”のようなもので、『吉本興業』以外からの仕事も自由に受けることが可能になり、個人で受けた仕事のマネージメントは芸人自らが行うものだそうです」(芸能プロ関係者)



■“専属”契約の意味

 改めて、吉本騒動の流れを振り返ってみる。



 6月7日発売の『フライデー』が報じた反社会的組織への“闇営業”をキッカケに勃発した“お家騒動”。



「『雨上がり決死隊』の宮迫博之さんや『ロンドンブーツ1号2号』の田村亮さんを含む吉本に所属する芸人たちが、詐欺グループの忘年会に出席してお金を受け取っていたことが報じられ、6月24日に謹慎処分を受けたのです」(スポーツ紙記者)



 7月19日に吉本が宮迫とのマネージメント契約の解消を発表したところ、翌日の20日、宮迫と亮が2人で“涙の記者会見”を行った。



 7月22日の朝、加藤がMCを務める『スッキリ』(日本テレビ系)で「体制が変わらないなら僕は吉本を辞める」と怒りをにじませながら発言するも、同日に行われた岡本昭彦社長は、5時間半にわたる記者会見を行い、発表したばかりだった宮迫の処分を撤回。



 7月23日には、加藤が吉本の大崎洋会長と直接、話し合いまで行っていた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

加藤浩次のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「加藤浩次」に関する記事

「加藤浩次」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「加藤浩次」の記事

次に読みたい「加藤浩次」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク