《富山・猫虐待事件》猫を盗み死なせた元被告が謝罪するも、飼い主に残る「疑念」

《富山・猫虐待事件》猫を盗み死なせた元被告が謝罪するも、飼い主に残る「疑念」
拡大する(全1枚)
富山猫虐待事件 A元被告(52)

「犯人を許せない気持ちはあります。でも、モコオは帰ってきません。家族の怒りはおさまりませんが、明日に進んでいかなければ……」



 富山県西部に住む上田義之さん=仮名=は声を震わせた。



 モコオは上田さん一家が家族の一員として飼っていた猫でオスのアメリカンカール。今年5月、モコオが盗まれたことで、富山県内で発生していた猫虐待事件が明るみになった。



 モコオを連れ去り、のちに殺害し、遺体を用水路に捨てたのは富山市に住む無職のA元被告(52)。富山県警は6月、窃盗の疑いで逮捕していた。



■鉄製の檻に入れて虐待し、死なせる

 7月、富山地検が器物破損と動物愛護法違反の罪に切り替え、起訴した。8月の初公判ではモコオの殺害方法も明らかになった。



「浴室に置かれた鉄製の檻に入れられ、エサも与えられず、金属の棒で腹部を突かれるなどの虐待をされた。盗んでから5日ほどで死なせたとのことでした」(全国紙記者)



 裁判で検察は懲役6か月、弁護側は罰金刑を求め即日結審。



 9月17日、富山地裁高岡支部(梅沢利昭裁判官)は懲役8か月、執行猶予4年を言い渡した。求刑より重い判決が言い渡されることは異例だという。



 動物関係の法律に詳しい渋谷総合法律事務所(東京都)の渋谷寛弁護士は、



「今回のようなケースはほとんどない、相当珍しいです」



 と驚いた。その背景として、



「裁判官の言うように動物愛護の精神の高まりでしょう。罪の重さは殺された猫の数や残虐性にもよるところがありますが“検察の求刑は低すぎる”という批判が込められているのでしょう」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク