中高年ヒロインを描いたマンガが熱い!『あした死ぬには、』作者が語る40代のリアル

中高年ヒロインを描いたマンガが熱い!『あした死ぬには、』作者が語る40代のリアル
拡大する(全1枚)
雁須磨子さん プロフィールイラスト

 心身の変化にうろたえたり、介護や親の死に直面したり。そんな中高年ヒロインを描いたマンガがいま熱い! 例えば『すーちゃんの人生』(益田ミリ)の主人公は40歳、『ゆりあ先生の赤い糸』(入江喜和)では50歳。ひと筋縄ではいかない人生と不器用に格闘する姿が共感を呼ぶ。



 そんな中高年ヒロインのひとりが、雁須磨子さんが手がける最新作『あした死ぬには、』の主人公・本奈多子。42歳、独身で、映画宣伝会社でバリバリ働く彼女は、突然訪れた更年期障害に葛藤する。“40代のリアル”を描いた本作は幅広い年代の女性たちの間で話題となっている。



■中高年の「あるある」が盛りだくさん

「冒頭で多子が突然、不整脈に襲われて“死ぬんじゃないか”と動揺しまくるエピソードは私の実体験。これってみんな経験しているんじゃないか、描いたらおもしろいんじゃないか。“あるある漫画”として描いてみたいな、と思ってスタートしました」



 更年期障害については若い女性でもうすうす知っているだろう。しかし、その実態はなってみるまでわからない。30代で経験する人もいるし、症状の出方も人それぞれだ。



「知識がなかったので最初は本当にびっくりしました。意外と同世代の友達と話題にのぼったことがなくて。読者には30代の方も多いので、こういう症状がくることもあると知っておけるといいかな、と」



 身体の変化に加え、心の戸惑いが描かれていることこそ本作の重要なポイント。ふと目に入った自分の顔のやつれっぷりに驚くなど、随所に「あるある」な瞬間が差し込まれていて、思わずひざを打つ。


当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月6日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。