ふるさと納税で「犬・猫の殺処分ゼロ」に大きく貢献、名古屋市の取り組みに迫る

ふるさと納税で「犬・猫の殺処分ゼロ」に大きく貢献、名古屋市の取り組みに迫る
ふるさと納税の返礼品として、納税者には活動レポート、1万円以上の寄付者には動物愛護バッジなどが送られる

 ペットを飼う家庭が増える一方、動物愛護センターに保護され、収容しきれずに殺処分されてしまう動物たちを見て心を痛めているペット愛好家も多い。



 そんな悲劇を繰り返さないために『ふるさと納税』の寄付金を活用する地方自治体も登場している。



■年間6000頭以上が殺処分されていた時代も

 平成28年、『犬殺処分ゼロサポート寄付金』を通じて集めた寄付金で『犬の殺処分ゼロ』を達成した愛知県名古屋市の取り組みを、健康福祉局食品衛生課獣医務係の担当者に聞いた。



「30年以上前、名古屋市動物愛護センターができたころは、犬の殺処分頭数は年間6000頭以上。ところが避妊・去勢手術の普及に伴い子犬の収容が減少。さらに平成22年度に『譲渡ボランティア制度』ができたことで、ボランティアのもとでケアを受けた犬を一般の飼い主に譲渡する数も増え、殺処分はさらに少なくなりました。



 ところが今度は譲渡ボランティアの負担が大きすぎることが問題に。それを解決するために『ふるさと納税』の活用に踏み切りました」



 この寄付金により、譲渡ボランティアが自己負担してきたエサ代などを支援、さらに動物愛護センターも長期にわたり訓練や治療を行うことができるようになった。



 平成29年度からは犬に加えて猫にも寄付金が使えるようになり『猫の殺処分ゼロ』に取り組むこととなった。しかし寄付金も増え、猫の殺処分が年々減っていた矢先、大きな問題にぶつかる。


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月12日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。