キャッシュレス決済でポイント還元、それでも「現金派」が切り替えない理由

キャッシュレス決済でポイント還元、それでも「現金派」が切り替えない理由
キャッシュレス・ポイント還元事業も開始。大手コンビニは実質2%値引きに 撮影/山田智絵

 レシートに印字された消費税10%と、軽減税率8%(持ち帰りの飲食品など)の混在。これだけでもややこしいのに、キャッシュレス決済時のみ小売店の規模によって率の異なる「ポイント還元」を受けられる仕組みも加わり、消費者は混乱をきわめている。



 いつ、どこで、何をどう買うとお得なのか─。



 おばあちゃんの原宿といわれる東京・巣鴨の地蔵通り商店街で取材すると、



「何をどうすればいいか全くわからない」(80代の無職女性)などと“諦めモード”の声ばかり。



 政府は今回の増税にあたり、消費者と中小事業者の負担を減らすためポイント還元制度を導入した。来年6月末までの期間限定で、原資は予算の約2800億円。つまり、私たちが納めた税金だから還元されないと損をする。



 しかし、高齢者をはじめとするアナログ人間にとって「キャッシュレス決済」での支払いはハードルが高すぎたようだ。



■キャッシュレス化に躊躇する高齢者

 同商店街でお菓子のシベリア専門店『とげぬき福寿庵』を営む土井征哉代表(48)は、



「うちはポイント還元対応しましたが、お会計でスマホやクレジットカードを出すおばあちゃんは見たことがありませんね」と話す。



 たい焼き店『飛安』の榎本宏社長(65)はポイント還元の登録申請をしなかった。



「プレーンのたい焼き1個が税込み120円。ペイペイ(ソフトバンクグループのスマホ決済事業者)が“導入しませんか?”と営業に来たけれども断った。カードでたい焼きを買う日本人なんていない」


あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2019年10月9日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「デパート」のニュース

次に読みたい関連記事「デパート」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「家電量販店」のニュース

次に読みたい関連記事「家電量販店」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スーパーマーケット」のニュース

次に読みたい関連記事「スーパーマーケット」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら