〈川口いじめ自殺〉くるしい、つらいを連呼し「さよなら」した息子を思う母の悲痛

〈川口いじめ自殺〉くるしい、つらいを連呼し「さよなら」した息子を思う母の悲痛
辰乃輔くんが書いていたノートを指しながら当時を振り返る母・佳奈さん。SOSは再三、出されていた

《教育委員会は大ウソつき》



 東京北部に隣接する埼玉県川口市。特別支援学校1年生の小松田辰乃輔(しんのすけ)くん(15)が9月8日未明、自宅近くのマンションの11階部分から転落した。「ドン!」という音で気づいた住人が119番通報。救急搬送されたが、死亡が確認された。警察は自殺とみている。



 辰乃輔くんは中学時代にいじめを訴え、手紙を何度も書いていたが、学校や市教委は聞き入れなかった。結果、3度の自殺未遂を経ての死。母親の佳奈さん(仮名)が独占インタビューに応じた。



■「今度こそさようなら」

 辰乃輔くんは苦しい胸の内を自ら記していた。9月6日付のノートには痛切な思いがつづられている。



《教育委員会は大ウソつき。いじめた人を守って嘘ばかりつかせる。いじめられたぼくがなぜこんなにもくるしまなきゃいけない。僕は、なんのためにいきているのか分からなくなった=略=くるしいしい、くるしい、くるしい、つらい、つらい、くるしい、つらい》《今度こそさようなら》



 佳奈さんが言う。



「うまく言葉にできないためノートは小学生から書いています。主に学校の先生に見せるためですが、苦しくなり見せてくれるときもありました」



 中学卒業後に進学した特別支援学校については、「楽しい」と話していたという。欠席はない。だが、9月は最初に自殺未遂をした時期と重なり、精神的に不安定になっていた。


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2019年10月23日の社会記事
「〈川口いじめ自殺〉くるしい、つらいを連呼し「さよなら」した息子を思う母の悲痛」の みんなの反応 8
  • 匿名さん 通報

    「その足になったのも飛び降りたのも、自分の意思」という、 加害者の保護者の言葉には、ただただ唖然。 これに育てられた加害者生徒もある意味不憫。

    7
  • 匿名さん 通報

    教員も教育委員会も能力は低い。こういう場合こそ被害者の親はモンスターピアレントになるべき。行儀よくやっていては誤魔化されるだけ。

    3
  • 匿名さん 通報

    教育委員会の仕事って何ですか?ただの先生の天下り先か何かですか?子供の命も守れないなら存在する価値なんてないです。

    3
  • 匿名さん 通報

    10:35大勢にいじめられていて、君は「反撃」出来るのかね?見せてくれよ。

    3
  • 匿名さん 通報

    合わない人間どうしを同じ箱に入れればいじめは必ず起こる。大人は早く気づいて当事者を引き離すしか方法はない。そもそもなんで無理して集団生活をさせるのかということですよ。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら