いじめ加害者と決めつけられ適応障害に 担任に追い詰められた児童の「消えたい」日々

いじめ加害者と決めつけられ適応障害に 担任に追い詰められた児童の「消えたい」日々
拡大する(全1枚)
「しにたい。しにたい。」「いらつく」……。優奈さんの日記からは、担任の指導で受けた傷の大きさがうかがえる

 名古屋駅から私鉄特急で20分ほど進むと、田園風景が広がる。人口2万人ほどの愛知県丹羽郡の小学校で、いじめの指導をめぐってトラブルになっている。指導された児童の保護者は学校の対応に納得しない。教師の叱責に恐怖を感じた児童は、事件から1年がたついまでもフラッシュバックが起きている。



■悪い点が思い当たらないのに5回も謝罪

 事の発端は'18年10月11日。小学5年の沢井優奈さん(仮名、以下同)の母親・理紗さんは、担任に「娘の様子がおかしい」と相談した。すると担任から「あなたの子どもが嫌がらせをしている」と言われた。同じクラスの女児が優奈さんから嫌がらせを受け、「学校へ行きたくない」と担任に訴えているというのだ。



 本当に嫌がらせがあったのかどうか、担任は事実を確認しないまま理紗さんに「相手が嫌な思いをしたら、いじめです」と断言した。優奈さんに思い当たる点はなかったが《悪いところがあったら直すので教えてください。ごめんなさい》と、同級生あてに手紙を書いた。



 翌日、手紙を渡すときに担任が立ち会って「指導」した。このときも事実確認はしていない。教委側の説明では、嫌がらせを受けたと訴えた女児に担任は「そんなつもりはなかったので気持ちを酌んであげてね」と言い、優奈さんには「ごめんねと素直に伝えて」と助言、指導したという。開示文書でも「和解」とある。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク