千鳥、霜降り明星、指原莉乃が強い!? 年末特番で「得する人・損する人」の共通点

千鳥、霜降り明星、指原莉乃が強い!? 年末特番で「得する人・損する人」の共通点
年末特番キャスティングで「得する」人、「損する」人(左上時計回りに)とんねるず、指原莉乃、霜降り明星、木下優樹菜

 これから年末にかけて目立ってくるのがバラエティーの特番。レギュラー番組を押しのけて、特番が毎日のように放送されるのはなぜなのか。



「高視聴率が取れる番組を何本も続けて放送するのはかなり大変。ならば、高視聴率が期待できる番組を長時間放送するほうがいいに決まっています。長時間であっても1本の番組ですから、経費も抑えられる。3時間で1時間の番組×3だとそれぞれに出演者のギャラや制作費がかかってしまいますが、3時間の番組×1なら3分の1とまではいかなくても、かなり安上がりでしょう。特番は、“制作費を抑えつつ特別感を出す”という一石二鳥を狙っているんです」(制作会社関係者)



■“コスパいい芸人”が呼ばれるのは必然

 不思議なのは、どの局の特番でも出演者が同じような顔ぶれであること。



「昨年から引き続き、マツコ・デラックスさんやサンドウィッチマン、博多華丸・大吉さんあたりがリストの筆頭ですね。今年は千鳥や霜降り明星、指原莉乃さんといった面々も上位に入るでしょう」(テレビ局関係者)



 キャスティングされやすいタレントの共通点は、“コストパフォーマンスのよさ”なのだという。



「彼らはだいたい1人30万円ほどでキャスティングできると言われていますからね。今はどこのテレビ局も予算が少なく、ギリギリの状態。ギャラがそれなりに安く、なおかつ番組を盛り上げてくれるタレントは重宝されるんです。どの局も同じメンバーになってしまうのは必然でしょうね」(同・テレビ局関係者)


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 千鳥 M-1
  2. 千鳥 ライブ
  3. 千鳥 漫才
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2019年11月11日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「千鳥 + 漫才」のおすすめ記事

「千鳥 + 漫才」のおすすめ記事をもっと見る

「千鳥 + ライブ」のおすすめ記事

「千鳥 + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ブルゾンちえみ」のニュース

次に読みたい関連記事「ブルゾンちえみ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。