《神奈川・相模原》母親を撲殺した長男の異変、ピンクのミニワンピ徘徊生活

《神奈川・相模原》母親を撲殺した長男の異変、ピンクのミニワンピ徘徊生活
現場となった自宅アパートはひっそりとして

「血だらけだ!」



「もう死後硬直が始まっている!」



 降りしきる雨の中、現場のアパートに臨場した警察官がそう叫ぶ声で、近所の住民は事件に気づいたという。



■物静かな家族だった

 10月29日午後7時ごろのことだった。神奈川県相模原市南区の自宅アパートに帰宅した父親(71)が、リビングで妻・由紀恵さん(72)が顔から大量の血を流してあおむけに倒れているのを見つけ、「妻が亡くなっている。息子が殴ったのではないか」と110番通報。警察官が駆けつけた際、台所にいた長男の無職・北岡哲史容疑者(49)は「僕は知らない」「死体が転がっている」などと話したとされる。



「由紀恵さんのあご付近には硬いもので殴られた痕跡があり、腹部からアザも見つかった。犯行は父親が出勤・帰宅するまでの約13時間の間とみられ、県警はまず遺体を放置した死体遺棄容疑で哲史容疑者を逮捕。本人は“納得がいかない”などと否認している」(地元の社会部記者)



 県警によると、司法解剖の結果、死因は腹部殴打による大動脈損傷にもとづく内出血と判明。県警相模原南署は同31日、殺人の疑いで哲史容疑者を再逮捕した。



 周辺住民によると、事件が発覚した夜、パトカーに乗せられた父親は肩を落とし、呆然としていたという。



 一家は3人暮らし。約2年前に現在のアパートに引っ越してきた。間取りは3LDKと3人世帯にしてはやや広めで家賃は月5万~6万円。母親は引っ越しの挨拶回りでミルフィーユの洋菓子セットを持参するなど近所に気を配っており、周囲は「基本的には物静かな家族だった」(近所の女性)などと話す。


あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2019年11月12日の社会記事
「《神奈川・相模原》母親を撲殺した長男の異変、ピンクのミニワンピ徘徊生活」の みんなの反応 8
  • 匿名さん 通報

    「納得がいかない」?殴ったぐらいでは死なないと言いたいわけか?まずは倒れてる身内を放置で逮捕、これは当然でグッジョブです。

    3
  • 匿名さん 通報

    悪鬼羅刹の国、トンキン。

    2
  • 匿名さん 通報

    こういう地球に必要のないキチガイはさっさと駆除するべきだな

    2
  • 匿名さん 通報

    神奈川県トンキン?

    0
  • 匿名さん 通報

    11:59 その考えこそ人類で一番危険なものなんだよ。君はヒトラーの信奉者かね?君自身が危ない奴なんだけど自覚してる?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。