日本では感じられない “究極の民泊”、フランス「シャンブル・ドット」の世界

日本では感じられない “究極の民泊”、フランス「シャンブル・ドット」の世界
シャンブル・ドットと呼ばれる、フランスの「民泊」

 東京オリンピックを前に、ホテルの建築ラッシュが続いています。日本を代表する東京・銀座でも、ホテルが乱立。オリンピックが終わったら銀座がゴーストタウンになるのでは!? と不安になるほど。



 でも、オリンピックに集結するであろう地球のはしばしからの観光客の宿泊には、まだ足りないそうで。



 というわけで、ホテルからあふれたオリンピックファンのための受け皿、民泊が注目を集めているのはご存じのとおり。



■貴族になったような空間も

 そもそも民泊とは、住宅の全部、あるいは一部を宿泊客に貸し出すことで、宿泊料をいただくというサービス。2018年から施工された「民泊新法」に基づいていて、キッチン浴室、サニタリー、消防設備がマストなどの条件があります。



 響きは民宿と似ていますが、民宿のほうは「旅館業法」に基づいて厳しい条件が敷かれています。民泊は個人の住宅での宿泊サービスなので、大きく違います。



 さて、この民泊。日本では個人が自宅の空き部屋を貸し出すようなものから、企業が建設した宿泊施設にいたるまでカタチはさまざま。そこに家主が一緒に生活し、トイレやお風呂、キッチンなどを“共有”しているパターンはほとんどありません。



 そこで今回、注目したいのがフランスのシャンブル・ドット(Chambre d’hote)と呼ばれている民泊。シャンブルは寝室、ドットはオーナーを意味する言葉です。響きが一気におしゃれな印象になりますね。さすがフランス語。


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2019年11月16日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。