《男性不妊症》5年におよぶ治療を制した作家が熱弁「必要なのは“心合わせ”」

《男性不妊症》5年におよぶ治療を制した作家が熱弁「必要なのは“心合わせ”」
ヒキタクニオさん

「当初は1、2回で何とかなるかなと思っていたのですが、まさかこんな目にあうとは思わなかったです」



 自らが取り組んだ5年におよぶ男性不妊症治療の記録を著書『ヒキタさん! ご懐妊ですよ──男45歳・不妊治療はじめました』にまとめた小説家のヒキタクニオさん(58)は、笑いながらそう語る。



■精子の運動率が正常値の半分だった

 幼少期のやんちゃ話を10歳年下の妻に話していた際、「ヒキタさんの子どもの顔が見てみたい」の言葉がきっかけで子づくりに取り組み始めたのが2006年。当初は排卵日に合わせて性交をするタイミング法に挑戦したが、1年過ぎても妊娠には至らなかった。



「それまで不妊治療の知識なんてまったくありませんでした。妻がひと足先に検査に行って異常なしとの診断が下っても自分は大丈夫だろうと思っていましたよ。ところが、いざ精液検査をしたら医師から“ヒキタさん、大変なことになってるよ”と言われました」



 ヒキタさんの場合は、全精子のうち元気に動いている精子の割合を示す運動率が20%。ちなみに、この運動率の正常下限値は40%である。ヒキタさんはその半分しかなく、男性側が不妊原因だった。



「医師に運動率の低さの理由を尋ねて、加齢と言われた瞬間の絶望感ときたら。不老不死と戦わなければならない。白いヒゲを黒くしろと言われたようなもの。しかも、運動率を改善するためにどうしたらいいかという明確な方法を医師が示せないわけです」


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2019年11月22日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。