発達障害にも感謝、元不良少年が「否定しない学校」で学んだ “新しい教育” のカタチ

発達障害にも感謝、元不良少年が「否定しない学校」で学んだ “新しい教育” のカタチ
拡大する(全1枚)
グリーンスクールでのプレゼンの様子。この発表をきっかけに、現在は進路に悩む後輩や親に向けたイベントを開催する インドネシアのバリ島に「グリーンスクール」という学校がある。竹でできた美しい校舎はジャングルの中にあり、“環境に配慮し、持続可能な世界のリーダーを育てる”というビジョンを掲げる。日本の教育では「つまずいた」と語る2人の男女が、なぜこの学校で道を切り開くことができたのか。前後編にわたり、日本人初の卒業生を紹介したい。

「グリーンスクール卒業のプレゼンテーションイベントで、僕は『Successful Failure(成功した失敗者)』というテーマで話をしました。それをきっかけに失敗だらけだった自分の体験を見つめ直したことが今につながっています。人はみんな違うから、ひとりひとりに合う教育を見つけられる社会を作りたい」



 三反田祥哉さん(19)は、現在、慶應義塾大学環境情報学部の2年生。中学卒業まで兵庫県で生まれ育った。母親の明子さんは、彼の子育てに苦労したという。



「2歳ごろから全く目が離せない子でした。興味があるほうに突然走り出す。つないだ手を振りほどいて走る祥哉を必死で追いかけたものです。夢中になると周りの声が聞こえず、何度言ってもご飯を食べない、お風呂にもなかなか入らない。理由もわからず叱ってばかり。全く生活はまわらず本当に大変でした」



 授業中も先生の声は彼の耳に届かなかった。小学3年生のころには、教室のいちばん前に特別席を用意された。先生のすぐ横に、みんなのほうを向いて座らされる。それでも図書室で借りた漫画『火の鳥』を読みふけっていた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「発達障害」に関する記事

「発達障害」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「発達障害」の記事

次に読みたい「発達障害」の記事をもっと見る

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク