小室圭さん問題に“最後の忠告”? 秋篠宮さま誕生日会見で“タイムリミット”示唆か

小室圭さん問題に“最後の忠告”? 秋篠宮さま誕生日会見で“タイムリミット”示唆か
拡大する(全1枚)
秋篠宮さまの今回の会見では、近々“事態が動く”予感が(写真は2019年11月22日、東京国立博物館にて)

「実は10月上旬ごろ、眞子さまは風邪をひかれて体調を崩されていました。



 即位礼の前には風邪の症状はおさまって徐々に回復されているのですが、現在も痰がからまない“空咳”が続いていらっしゃいます。



 呼吸器科の専門医に診てもらって特段の異常はなかったのですが、しばらくは空咳が続いてしまわれる可能性があるそうです」(秋篠宮家関係者)



 1か月以上も咳が長引かれている状況に、眞子さまの周囲も心配しており、その原因はストレスだとも言われる。



「1か月以上も空咳が続いている状況であれば、まずは『咳ぜんそく』を疑うのが一般的です。



 呼吸器感染症である風邪や、インフルエンザをきっかけにして咳ぜんそくになる人は非常に多いのですが、精神面でのストレスが影響することもありますね」



 そう話すのは『池袋大谷クリニック』の大谷義夫院長。一般的に咳ぜんそくは、どのような方法で診断・治療を施していくのだろうか。



「まずはレントゲンで、がんや結核や肺炎などではないことを確認します。咳ぜんそく以外に副鼻腔炎や逆流性食道炎の可能性も考えます」



 ほかにも、肺機能検査や気管支が狭くなっていないかのチェックなどをしたあと、咳ぜんそくに合致するかを判断するという。



「それらの検査から、咳ぜんそくの可能性が高いと考えられた場合は、吸入ステロイドで治療します。咳ぜんそくであれば、他人にうつす可能性はないので、外出するぶんには問題ありません。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「小室圭」に関する記事

「小室圭」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「小室圭」の記事

次に読みたい「小室圭」の記事をもっと見る

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク