オンボロ水道管や相次ぐ災害で破綻は目前!?「水の安全」がヤバすぎるこれだけの理由

オンボロ水道管や相次ぐ災害で破綻は目前!?「水の安全」がヤバすぎるこれだけの理由
拡大する(全1枚)
※写真はイメージです

 水道民営化によって「水の安全」が懸念されている。しかし、施設の老朽化や温暖化などで、すでに差し迫った危機を迎えていることはあまり知られていない。水ジャーナリスト・橋本淳司さんが報告する。



■水道には由々しき問題がたくさん

 2019年10月1日、改正水道法が施行された。目的は疲弊した水道の「経営基盤強化」。水道の現状は次の3点にまとめられる。



(1)水道事業の収入減
 1人あたりの水使用量は減っている。理由は、節水機器が普及したこと。水洗トイレを流すと20年前は13リットルの水が流れたが、現在は5リットル。今後も世界的な水不足に対応するため節水技術は進歩し、使用量は減っていく。同時に人口が減ってくる。1人が使う水の量が減り、人口が減るので全体の水使用量は減少。さらに水道の得意先だった病院やホテルの一部が敷地内に井戸を掘り、地下水を使うようになった。こうして水道事業は大幅に減収した。



(2)施設の老朽化
 老朽化した水道管の破裂事故は、毎年1000件超。法定耐用年数40年を経過した管路(経年化管路)は15%あり、法定耐用年数の1・5倍を経過した管路(老朽化管路)も年々増えている。'18年6月18日に発生した大阪府北部地震では水道管が破損し、21万人が一時的に水を使えなくなった。7月4日には東京都北区で老朽化した水道管が破裂、地面が陥没した。厚生労働省は水道事業者に更新を急ぐよう求めるが財政難から追いつかず、すべての更新には130年以上かかる。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク