飯島直子「私くらいになると…」50歳を過ぎて“母親役”を演じる気持ちを語る



 女優として、今後の展望を聞いてみた。



「“当て書き”ってあるじゃないですか。そうではなくて、まったく自分とは別のタイプの役をやってみたいです。そこで新しい発見があったら、すごく面白いなって。そういった、自分からは想像つかないような役に、チャレンジしていきたいですね」



■1月17日(金)全国公開
映画『太陽の家』



大工の棟梁・川崎信吾(長渕剛)は、普段は職人気質の強面風だが、実はやんちゃで好みの女性にはちょっと弱い。そんな彼を支えるのは、しっかり者の妻・美沙希(飯島直子)とその娘。ある日、信吾は小さい息子を女手ひとつで育てる芽衣(広末涼子)に出会うが、人情に厚い彼はその親子を放っておけず――。

ヘアメイク/馬田恵美、スタイリスト/安井いち子
衣装協力/A.I.C(エーアイシー)、ダイアナ(ダイアナ銀座店)、NATURALI JEWELRY 新宿高島屋店、anapnoe(アナプノエ)



編集部おすすめ

当時の記事を読む

飯島直子のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「飯島直子」に関する記事

「飯島直子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「飯島直子」の記事

次に読みたい「飯島直子」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク