GENKING、戸籍上も女性になって“世間の風潮”に感じた違和感「私はLGBTを卒業しました」

GENKING、戸籍上も女性になって“世間の風潮”に感じた違和感「私はLGBTを卒業しました」
GENKING

 '15年からテレビで“ユニセックスキャラ”として活躍し、'18年に性適合手術を受け、体も戸籍も女性になったGENKING(現・田中沙奈)。現在は愛のある男性と同棲して4年目。主婦生活を送りながら今も芸能活動を続けている。昨今、世界的に「LGBTへの差別をやめよう」という動きが盛り上がっているが、彼女はこれに理解を示しつつも「そのワード自体がもう古い」と持論を語る。



 過去や当時の想い、数年前に多くのクレームが寄せられた『とんねるずのみなさんのおかげでした』の「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)」問題についても直撃した。



 GENKINGの出生名は田中元輝で、芸名のGENKINGは当時の本名に思いつきで「ING」を加えて付けられた。'13年、暇を持て余して始めたInstagramで話題に。“謎のセレブ男子”として脚光を集め、'15年『行列のできる法律相談所』でテレビ初出演。LGBTであることをカミングアウトし、それ以降テレビでも引っ張りだこの存在となった。



「その日は日曜日で大。皆がテレビに集中していたのかもしれませんが、オンエアが始まるとスマートフォンの通知が鳴り止まなくて(笑)。Instagramのフォロワーが秒単位で何千と増え、1日で30万人増加しました」(GENKING/以下同)



■LGBTを取り上げる人はたいてい“当事者じゃない”

 当時彼女は親にも性同一性障害であることをカミングアウトしていなかった。友人にも限られた人にしか告げていなかったため、Instagramのコメント欄などで「オカマ野郎」などという誹謗中傷が来ることを恐れ、覚悟もしていた。だが結果、そうしたコメントは何度見返しても0件だったという。彼女は当時をこう振り返る。


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「GENKING、戸籍上も女性になって“世間の風潮”に感じた違和感「私はLGBTを卒業しました」」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    『美』を求めて生きる生き方がこの人の基本で、しかも間違っていない。美しさは‘’力‘’。LGBTだのはもう古臭い。ただゲイは否定しないがノンケの人には絡まないでほしい。

    1
  • 匿名さん 通報

    美輪明宏さんのような偉い方が偏見と戦ったことが大きいと思いました。

    0
この記事にコメントする

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月26日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。