加藤紗里が離婚でまた炎上も、悪を極めきれない「中途半端なヤバさ」

加藤紗里が離婚でまた炎上も、悪を極めきれない「中途半端なヤバさ」
拡大する(全1枚)
「ヤバい女になりたくない」そうおっしゃるあなた。ライターの仁科友里さんによれば、すべてのオンナはヤバいもの。問題は「よいヤバさ」か「悪いヤバさ」か。この連載では、仁科さんがさまざまなタイプの「ヤバい女=ヤバ女(ヤバジョ)」を分析していきます。
加藤紗里が離婚でまた炎上も、悪を極めきれない「中途半端なヤバ...の画像はこちら >>
加藤紗里第36回 加藤紗里

 今月10日、タレント・加藤紗里が昨年9月に結婚した不動産会社社長との離婚を発表しました。YouTubeチャンネルで「(元夫に)3か月で1億円以上使わせた。そしたら、向こうの経営が傾いちゃって。そんなもんで傾くオトコいらないでしょ」と発言。12日に公開された『AERAdot.』のインタビューでは《最低でも月1千万円は紗里のために使える殿方でないと》などと答えてネットは炎上し、ヤバい女だとバッシングされています。



 意図的にディスられてやっていくつもりなのかもしれませんが、もし加藤紗里が「タレントとして」やっていくつもりなら、「全然足りない! もっとヤバくなれ!」と言いたい気持ちになるのです。



「稼げないオトコに価値はない」「結婚相手の年収は〇千万円」と公言して、女性タレントがあえてヒールに立候補することは、めずらしいことではありません。テレビには嫌われ役がひとりいると盛り上がりますから、バラエティーからお声がかかることも多いでしょう。それを見た視聴者から、ネットでもう一度叩かれる。仕事が増えて名前が売れていくわけですから、あえておカネのようなデリケートな話をするのは、話題を集めるという意味では正解でしょう。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

加藤紗里のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「加藤紗里」に関する記事

「加藤紗里」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「加藤紗里」の記事

次に読みたい「加藤紗里」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク