沢田聖子「売れない」をバネに現役40年、自力で風向きを変えて見えた景色

「もし売れていたら、とっくに歌手をやめていたかもしれない」。17歳で“イルカの妹”としてデビュー。大人の思惑に振り回され、いつしか「売れない自分」を否定するようになった。金銭やマネージャー問題、元夫との泥沼離婚も経験。順風満帆とは言い難い人生の風向きを自分の力で変えたのは、47歳のとき。すべてを捨て、ひとり立ちしたことで手にした幸せとは――。



沢田聖子「売れない」をバネに現役40年、自力で風向きを変えて見えた景色
昨年末のライブではMCの話がつい長くなり、バックミュージシャンから演奏を促される場面も 撮影/佐藤靖彦

 東京・吉祥寺にあるライブハウス『スターパインズ・カフェ』のステージに、沢田聖子(57)の姿はあった。17歳のとき、“イルカの妹”のキャッチコピーでデビューしてから40年目にあたる2019年12月、全国を駆け巡る記念ツアーは千秋楽を迎えていた。100席ほどの会場は満席。沖縄からはるばる足を延ばす人もいた。



「ようこそ、アイドルのコンサートへ」



 幕が上がり、お人形のような白いロリータドレスに身を包んだ沢田がステージ上に現れた。ドレスの両端をちょこんとつまんで可愛くお辞儀をすると、「聖子ちゃーん」という歓声があがる。右へひらひら、左へひらひら、笑顔で手を振り、拍手がおさまるのを見計らって小声で囁いた。



「あのね、57歳なんです」



 おどけたポーズで会場はどっと笑いに包まれる。



■フォーク界から総スカン

 デビュー当時、シンガー・ソングライターであるという自負から、アイドルと言われることに強い抵抗を覚えていた。そのたびに立ち位置を説明してきたが、すべてを失った10年前に自然と受け入れている自分がいたという。いまでは「おじさんのアイドル」と自称してはばからない。


沢田聖子のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月1日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 沢田聖子 ライブ
  2. 沢田聖子 卒業
  3. 沢田聖子 結婚

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。