炎鵬の小さな身体を支える“大きな愛”、母が語る「地元に育てられた」わが息子

炎鵬の小さな身体を支える“大きな愛”、母が語る「地元に育てられた」わが息子
炎鵬

 2020年元旦に発表された「西武そごう」の新聞一面広告でも話題を呼び、今や“国民的人気力士”と呼んでさしつかえない存在となった幕内・炎鵬(25)。168センチ、99キロの幕内いち小さな身体を自らハンデととらえず、大きな関取たちへ果敢に向かっていく炎鵬は、この時代にあるべくして登場した人なんだと、あの広告で改めて思わされた。



 多くの人が希望を抱きづらい時代に、胸の中に小さく灯(とも)る希望を炎鵬に託す。やがてその炎が大きく燃え上がることを祈って――そういう、時代が呼んだスターなんだと思う。



■“遠藤先生”への恩返し

 そんな大きな期待を小さな身体に背負わせては申し訳ないが、しかし、炎鵬はプレッシャーとは無縁に(見えて)、初場所も生き生きとしたおもしろい相撲で、勝っても負けても楽しませてくれた。特に19日の対・遠藤戦には感動。相撲を見て感動することは相撲ファンならよくあることだけれど、これには特筆して心底揺さぶられた。



 炎鵬自身、「何も覚えてない」と後から語っていたそうだが、ゾーンに入ったような、ひたすらがむしゃらに、あきらめない無心の相撲に、炎鵬すごい! とテレビに向かって叫んでしまった。



 しかしこの取組には、ここに至るまでの同郷(石川県出身で同じ中学、高校出身)の2人の、浅からぬ縁があった。



「炎鵬関が遠藤関に勝ったのには感動しました。遠藤関が大学4年のとき、金沢学院高校に教育実習に来たんです。“遠藤先生”は2週間みっちり、石川県のインターハイ予選を目指す当時の中村友哉君、今の炎鵬関を指導しました。結果、個人優勝したんです。そして角界入りし、初対戦で勝って『恩返し』したんですね。相撲の世界では、かつての恩師や先輩に勝つことを、そう言います。中村君が県大会で優勝したとき、周りの子たちみんなが『遠藤先生に電話しろ!』と叫んでいたのを思い出します。遠藤先生は中村君をどう迎えていいのか、困惑したのかもしれませんね」


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月24日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。