ピエール瀧、カフェ貸切で行われた「俳優復帰の打ち合わせ」現場を目撃!
拡大する(全1枚)
保釈時に比べ、少し肉付きのよい印象のピエール瀧

「楽曲の制作については相方(石野卓球)が主導権を握っているが、音楽を作るということはこれからもやっていきたいです。そこに関してはバンドの中で足並みをそろえて協力してやっていきたいというか、やっていかせてもらえたら」



「仲間とはまだ具体的に(今後、音楽活動をしていくなどの)話をしていない。彼(卓球)の身の回りにも迷惑をかけたし、次のことを話し合うというよりも、今はこの状況を改善して、すんでからのスタートになると思う」



 コカインの摂取で、麻薬取締法違反の罪に問われたピエール瀧。懲役1年6か月、執行猶予3年の判決を受けた公判では冒頭の言葉を語っていたが、ついに本格的に始動するようだ。



■『全裸監督2』よりも先に

 週刊女性では昨年末に、俳優業での復帰を伝えた。一部の映画は撮り直しを行わなかったため、逮捕後に公開された作品もあったが、



「瀧さんの逮捕後に撮影される本当の意味での“復帰作”は、'21年初頭に公開が予定されている『全裸監督』のシーズン2になる予定です」(芸能プロ関係者)



『全裸監督』は、動画配信サービス『Netflix』で'19年8月から配信がスタート。山田孝之が伝説的なアダルトビデオ監督の村西とおるを演じ、大ヒットを記録した。瀧は本作にレンタルビデオ店の店長役で出演していた。



「『全裸監督』シーズン2の撮影は今年の3月にクランクインするといいます。瀧さんは引き続き同じ役でキャスティングされることが決まっているそうですが、もう1本出演する映画の製作がスタートしました」(同・芸能プロ関係者)