『イッテQ』『大河』 “日曜8時”の大混戦に『ポツンと』Pがうかがわせた本音

『イッテQ』『大河』 “日曜8時”の大混戦に『ポツンと』Pがうかがわせた本音
日曜8時の激戦を制するのは……?

 初回視聴率19・1%、第2回17・9%─『真田丸』以来4年ぶりとなる初回19%超えとなった、NHK大河ドラマ麒麟がくる』が好調だ。昨年の大河『いだてん』の平均視聴率が、8・2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)、7・1%(関西地区、同調べ)だったことや、沢尻エリカの不祥事降板による撮り直し&スタート日変更などの影響がありながら、始まったばかりとはいえ『麒麟─』への期待度が高いことがうかがえる。



 ここ数年、日曜夜8時は、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の1強状態が続いていた。ビデオリサーチの「年間高世帯視聴率番組30」に、'15年~'18年まで20%以上を記録し、4年連続ランクイン。“国民的”人気バラエティー番組に君臨していたのだが……。'18年11月にヤラセ疑惑が発覚すると数字は下降線をたどるように。その間隙を突くように、彗星のごとく現れた不定期特番『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)が、同年10月からレギュラー放送の開始とともに台頭し、昨年2月に16・4%を獲得。



 イッテQを0・1%上回り、ついに王者の牙城を崩す対抗馬に成長した。



 昨年は『いだてん』の低迷もあって、イッテQとポツンの2強状態だったが、『麒麟がくる』の幸先のいいスタートによって、まさしく戦国時代よろしく視聴率合戦の火ぶたが切られた。



■『ポツンと』プロデューサーに取材してみると……

あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「視聴率 + ドラマ」のおすすめ記事

「視聴率 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「視聴率 + いだてん」のおすすめ記事

「視聴率 + いだてん」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュース

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月16日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 視聴率 いだてん
  2. 視聴率 ドラマ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。