元裁判官が語る「有罪率99.9%」の内情…自白調書をでっち上げられた被告人の無実

元裁判官が語る「有罪率99.9%」の内情…自白調書をでっち上げられた被告人の無実
※写真はイメージ

 最近、よく耳にする「有罪率99.9%」という言葉。日本では起訴されたら99.9%有罪になってしまうという意味だ。嵐の松本潤さんが、残された0.1%の真実を追求する弁護士を演じたドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』で知った人も多いかもしれない。



 私たち市民は、検察も裁判官も正義のために戦っているのだから当然、公平に裁かれていると思い込んでいる。しかし、それでも冤罪(えんざい)が起こるのはなぜなのか?



『裁判官失格』(SBクリエイティブ)の著者であり、民事・刑事・家事・少年という多種多様な事件を担当した判事歴30年以上の元裁判官・高橋隆一さんは、証拠もないのに犯人にでっち上げる警察や検察、自らの出世のために面倒な裁判は後回しにして点数稼ぎをするエリート裁判官がいることを知り、ガク然としたという。



 私たちが、日本の裁判に納得できないことが多いのはなぜなのか? 高橋さんが見た日本の司法の黒い実態とは──。



■「有罪にしておけば無難」という裁判官の心理

 刑事事件については、刑事訴訟法上、起訴を行うことができるのは検察官だけだ。



 そして検察官は、被疑者が起こした事件について起訴できるだけの証拠を集めることができていたとしても、刑事訴訟法第248条で「犯人の性格、年齢及び境遇、犯罪の軽重及び情状並びに犯罪後の情況により訴追を必要としないときは、公訴を提訴しないことができる」とされている。


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「元裁判官が語る「有罪率99.9%」の内情…自白調書をでっち上げられた被告人の無実」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    裁判官もだが、検察の信頼性が保てるのだろうか?モリカケで失墜した検察の信頼性が東京高検検事長の定年延長で完全になくなってしまうように思います。それが政府の狙いかもしれませんが。

    2
  • 匿名さん 通報

    公判開始前には判決は決まってます。パソコンで判決文を作成するんだけど、検察や警察の証拠やらと、裁判長の思い描いてるストーリーと矛盾がないか、なければ予め決めた判決を当て嵌めるだけ。ほんと適当でしょ?

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「関ジャニ∞」のニュース

次に読みたい関連記事「関ジャニ∞」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジャニーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「ジャニーズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Hey!Say!JUMP」のニュース

次に読みたい関連記事「Hey!Say!JUMP」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月28日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。