石坂浩二が『やすらぎの刻』終幕直前に語った、名優たちとの “やすらぎ” の日々

石坂浩二が『やすらぎの刻』終幕直前に語った、名優たちとの “やすらぎ” の日々
石坂浩二 撮影/伊藤和幸

 倉本聰が脚本を手がける1年にわたる壮大な人間ドラマ『やすらぎの刻~道』が3月でついに終幕。前作『やすらぎの郷』から主人公を演じ作品を見守り続けた石坂浩二(78)にクランクアップ間近の現在の心境をインタビュー。作品への思いや撮影エピソード、名優たちとの思い出など、その胸中を大いに語ってもらった。



■「思い出すとこみ上げるものがある」

「この現場に来ると昔、ロケに行った話とか、一緒にご飯を食べたときの話とか、いつも昔の話で盛り上がるんです。だから、みんなちゃんとセリフを覚えてくる。



 というのも、覚えていないと撮影の合間に無駄話をする時間がなくなっちゃうから(笑)。現場でも覚えられそうなセリフの量でも、みんな一生懸命に覚えてきてますね」



 幅広い世代から支持を集めた『やすらぎの郷』('17年)の続編として、昨年4月からスタート。いよいよ3月で1年間にもわたる物語がクライマックスを迎える『やすらぎの刻~道』。主人公で脚本家の菊村栄を演じ続けた石坂浩二に、本作の撮影について聞いてみた。



「いろいろ思い起こされる中で、やはり昨年10月には八千草(薫)さんが、12月には私のお父さん役を演じられた梅宮(辰夫)さんと、共演者の方が亡くなられたのは本当につらいです。



 一緒に芝居をするとセリフのかけあいだけではない、独特のコミュニケーションが生まれるので、ふとそういうのを思い出すんですよ。しかたのないことかもしれませんが、思い起こすとこみ上げるものがありますね」


あわせて読みたい

石坂浩二のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「石坂浩二が『やすらぎの刻』終幕直前に語った、名優たちとの “やすらぎ” の日々」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    高齢者ばかりのドラマだからね。年齢的に亡くなっても不思議じゃない。

    2
  • 匿名さん 通報

    浅丘ルリ子は奥さんの役目は一切果たして 無かった。それでも石坂浩二はお金をだして浅丘ルリ子のやりたい仕事だけできる環境にしてやってた。石坂の親にも構わず家事一切やらなかった。ポイッ!されて当然。

    1
  • 匿名さん 通報

    長年連れ添った奥さんをポイと追い出した男。冷酷。

    0
この記事にコメントする

「石坂浩二 + 浅丘ルリ子」のおすすめ記事

「石坂浩二 + 浅丘ルリ子」のおすすめ記事をもっと見る

「石坂浩二 + ドラマ」のおすすめ記事

「石坂浩二 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「渡瀬恒彦」のニュース

次に読みたい関連記事「渡瀬恒彦」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月28日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 石坂浩二 ドラマ
  2. 石坂浩二 浅丘ルリ子

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。