今井翼がタブー視されていた事務所移籍を一変させた理由と、退所ジャニへ残した希望

ではナゼ、翼は“タブー”に縛られずに移籍をすることができたのか。状況を一変する事態が、昨年に起きていたのだとも。



「まずは7月、公正取引委員会によるジャニーズに対しての“注意”です。これでテレビ局がジャニーズに“忖度(そんたく)”する必要がなくなった。そして9月、芸能事務所の面々やテレビ局上層部が恩義を持っていた、ジャニー喜多川さんの他界です。



故人が亡くなったことで、ジャニーズに対して義理だてをする必要がなくなりつつあります。つまりはジャニーズの“求心力”が落ちてきているということ」(同・芸能プロ関係者)

「今井翼 + 安室奈美恵」のおすすめ記事


■「人柄」あってこその移籍

“カリスマ”を失い、また若手にシフトチェンジしつつあるジャニーズだけに、先が見いだせず、ひそかに退社を考えるタレントもいるという。



TOKIO長瀬智也の退社報道も出たばかり。自由な音楽活動を望んでいた彼は、音楽系の事務所に移籍すれば“肉体労働”ではなくアーティストの仕事がもっと増えることでしょう。来年に向けて、“獲得”に動きだす事務所もあるといいます。



また“解禁”になったことで、退社した赤西、錦戸らにもお声がかかるかもしれませんし、脂の乗り切ったJタレの動向が絶えずチェックされるのではないでしょうか。まるでプロ野球の“フリーエージェント”ですね(苦笑)」(同・芸能プロ関係者)



とはいえ、いくら実力と華があろうとも、“素行”が悪ければ“チーム”の雰囲気は悪くなってしまうもの。



「松竹エンタテイメントの“顔”である片岡愛之助と翼クンは、'14年に同じ舞台を踏んだ仲で、翼クンの歌舞伎に真摯(しんし)に打ち込む姿に惚れ込んで親交を深めたそうです。



復帰舞台や『めざましテレビ』への出演をおぜん立てしたのも、また移籍にひと役買ったのも愛之助だそう。これも翼クンの人柄があってのことでしょう」(舞台関係者)



ナインティナイン岡村隆史も、旧友・中居正広の退社を受けて吉本興業への移籍をすすめていたことを明かした。



誘われる人間には、それなりの人柄があるからこそだ。



あわせて読みたい

今井翼のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「今井翼 + twitter」のおすすめ記事

「今井翼 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「野呂佳代」のニュース

次に読みたい関連記事「野呂佳代」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月14日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 今井翼 twitter
  2. 今井翼 安室奈美恵
  3. 今井翼 結婚

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。