新型コロナ“見えない感染者”は1万人! 専門家が分析「隠れコロナ」4つのパターン

新型コロナ“見えない感染者”は1万人! 専門家が分析「隠れコロナ」4つのパターン
拡大する(全1枚)
東京・品川駅でのマスク率はほぼ100%。春が過ぎて夏になってもこの風景は続く?

「COVID-19」はいよいよ世界的流行期に入った。国内は「なんとか持ちこたえている」状態というが、あくまで検査を受けられた人に限った話で―。



「平熱でくしゃみも咳も出なかったが、身体の節々が少し痛かった。でも、この有事に、この程度の異変で病院に行っていいものかどうか逡巡しているうちに症状がおさまってしまった」



 と都内の自営業男性(50代)は打ち明ける。



■「なんとか持ちこたえている」はホント?

 新型コロナウイルスの猛威が止まらない。WHO(世界保健機関)のテドロス事務局長は3月11日、スイス・ジュネーブの本部で開いた会見で「パンデミック(世界的大流行)といえる」と認めた。



 過去2週間で中国以外の感染者数は約13倍まで膨れあがり、感染者が確認された国・地域も126に。14日時点で中国を含む世界の感染者は13万人以上、死亡者は5000人を超えた。



 一方、国内の感染者は14日時点で1400人(うちクルーズ船697人、チャーター機帰国者11人)を突破。死亡者は28人(うちクルーズ船7人)となっている。



 加藤勝信厚労相は諸外国と比べ「なんとか持ちこたえている」(9日)と評したが、本当に抑え込めているのか。



 冒頭の自営業男性のように、感染を判定するPCR検査を受けていないため、『風邪』『インフルエンザ』『新型コロナ』の区別がつかないまま行動している人はいる。


当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月16日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。