崎山つばさ、話題の作品2作に出演「舞台がないと僕が僕じゃなくなる」

 その話を空き時間にさせていただいたり、夢のような時間を過ごさせてもらいましたね。撮影中もつい仲村さんの演技に見入ってしまったり、お芝居でもすごく刺激を受けました。2日間あっという間でした」



 崎山さんが演じるのは、ナルシストな刑事・東山。コメディーについては─。



「喜劇は奥が深いし難しいので、得意とは言えないですけど好きです」



 舞台版に出演するのは、ドラマ版でも個性的なキャラクターを演じた4人。三浦翔平、矢本悠馬、須賀健太の3人とは初共演になる。



「みなさん年齢も近いので、楽しみですね。でも4人芝居になると思うので、宇宙船の中だけのワンシチュエーションで繰り広げられるとしたら出ずっぱりだから、体力と水の確保が心配ですが(笑)。おさむさんの脚本なので、面白いだけじゃない新感覚の作品になると思います」



 ちなみに、どこかに移住するとしたら?



「昨年、石垣島に行ったときに、移住したくなる人の気持ちがわかりました。せかせかしていない、ずっと午前中みたいな感覚を求めてみんな移住するんだろうなって。僕も田舎育ちなので、自然に囲まれると落ち着きますね」



■「(鈴木)拡樹くんはバディみたいな感じ」

 続いて出演するのは、映画と演劇の連動プロジェクト『東映ムビ×ステ』の第2弾。5月に映画『死神遣いの事件帖─傀儡夜曲─』が公開され、夏に上演の舞台『死神遣いの事件帖─鎮魂侠曲─』では主演を務める。



「台本を読んで、率直に死神の描かれ方が面白いと思いました。これこそ映画を見て舞台を見てほしいです。時代劇で両方とも殺陣が見どころですが、映像だと立体的に見られるし、舞台では音や呼吸を生の迫力で味わえる、違った魅力があるので。


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月23日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。