沢田研二、岸部一徳と急接近で高まる「ザ・タイガース」再結成説を直撃!

沢田研二、岸部一徳と急接近で高まる「ザ・タイガース」再結成説を直撃!
沢田研二

'67年、『ザ・タイガース』のリード・ボーカルとしてデビューして以来、半世紀以上“わが道”を歩んできたジュリーこと沢田研二。



「デビュー以来、所属していた渡辺プロダクションを'85年に独立。設立した個人事務所の社長は、元ナベプロの方が務めていました。それが昨年末、社長の交代があって、新社長が岸部一徳さんになったんです」(音楽業界関係者)



 沢田で記憶に新しいのは、



'18年『さいたまスーパーアリーナ』ライブのドタキャン騒動。動員数が予定より2000人以上も少なく、スカスカの客席を見て激怒し、公演を直前に中止した。



「沢田さんは、とにかく気難しくて有名。そんな彼にモノを言える数少ない人が、二人三脚でやってきた事務所の社長さんでした。でも、岸部さんも沢田さんとは50年以上の付き合いがあるんです」(前出・音楽業界関係者)



 17歳だった沢田を、自分が組んでいたバンドに誘ったのが2学年上の岸部。ベース担当の岸部は“サリー”として、デビュー後のザ・タイガースでリーダーも務めた。当時を岸部は過去の雑誌インタビューで、こう振り返っている。



《音楽は18歳のころ、当時の仲間と遊びみたいに始まったんです。あとから沢田研二が入らなければ、4人でただただダンスパーティーをやって、それで終わっていたかもしれない》



 ザ・タイガースは、日本のGSブームの頂点に立ったが、売れ始めのころは東京・四谷のアパートで、メンバーとマネージャーが共同生活。そのときも沢田と岸部は同じ部屋だったという。


あわせて読みたい

沢田研二のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「沢田研二、岸部一徳と急接近で高まる「ザ・タイガース」再結成説を直撃!」の みんなの反応 7
  • 匿名さん 通報

    パラシュートせたろうて歌ってたな・・爺ジュリー・・ブクブクだわな・・・賞味期限切れが分からないようですな・・樹木希林さんが泣くだろうな、落ちぶれ具合がな・・このごろ奥さんの顔を見ないなぁ。

    3
  • 匿名さん 通報

    沢田研二は一人の大人の男性として、「どうなの?」 と思うことを多々報道されてた。驕り高ぶった態度にはガッカリだ。

    3
  • 匿名さん 通報

    岸部さん、沢田研二にファンあってのコンサート。ファンあっての収入だと教えてあげて。

    2
  • 匿名さん 通報

    偉ぶったジジィの沢田研二なんか必要ないでしょう。引っ込んでろ!

    2
  • 匿名さん 通報

    こいつも頭が可笑しい輩の一人。

    2
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「梅沢富美男」のニュース

次に読みたい関連記事「梅沢富美男」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月27日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。