桑子真帆アナ、小澤征悦との熱愛で「ノーマスク外出」が発覚! NHKエースが炎上
拡大する(全1枚)
桑子真帆アナ

 俳優の小澤征悦NHKアナウンサーの桑子真帆アナの熱愛が『NEWSポストセブン』の報道により明らかになった。



 世界的指揮者である小澤征爾の息子である彼は、これまで杏や滝川クリステルといった数々の大物と浮名を流してきたわけだが、またもや“NHKの看板アナ”をものにしたわけだ。



■無防備な姿で外を出歩いて……

「桑子さんは'15年にフジテレビ谷岡慎一アナと結婚しましたが、わずか1年たらずで離婚しています。子どもが欲しかった桑子さんでしたが、谷岡さんは結婚後しばらくしてすぐに夜に飲みにいったりで帰りが遅かったみたいです。加えて、合コンにいったり、局内に親密な関係の女性のカゲがちらついていたりと、女性関係にルーズだった一面も。そこに桑子アナが愛想を尽かしたというのが離婚の原因のようです」(スポーツ紙記者)



 そんな過去があった桑子アナだけに、今回小澤を選んだのはよほど信頼できる理由があるのだろうか。同ニュースサイトによると、ふたりは昨年から交際をスタートさせ、4月中旬には、小澤の自宅での“お泊りデート”を楽しんでいたという。この様子が写真つきで報じられ、大手ネットニュースのトップページにも掲載されるほどの話題となった。しかし、そのことが今、世間をザワつかせていて……。



「ネットの記事には、並んで小澤さん宅から出てくるところを捉えた写真が掲載されています。ふたりともサングラス姿で周囲の目を気にしている様子だったにも関わらず、桑子さんのほうはなんとノーマスクだったんです。これにはネットも騒然で、《報道に携わる人間がこのような無防備な姿で歩き回ること自体、危機管理意識が欠如している》といった声が相次ぎ、SNS界隈が大炎上しているんです」(同前)



 こんな“不要不急の外出”を禁じられているご時世にも関わらず、自宅デートが報じられたうえでの“ノーマスク”発覚。紅白や五輪キャスターを務めた好感度バツグンの“国民的女子アナ”だっただけに、交際がバレたことよりも大きな痛手になってしまったか──。



〈取材・文 野口侑弥〉