相葉雅紀、ブレイク前にこぼしていた「僕たちの代わりはいくらでもいる」発言

       
相葉雅紀、ブレイク前にこぼしていた「僕たちの代わりはいくらでもいる」発言
相葉雅紀

『花より男子』(TBS系)シリーズで、松本潤の知名度を上げた。相葉雅紀も少しずつ才能を発揮し始めた。



「’03年にTBS系で放送されたドラマ『ヤンキー母校に帰る』に出演しました。同作は、不良が集まる学校にOBで元不良の主人公が教師として赴任し、生徒たちと成長していく物語。主人公を竹野内豊さんが演じ、相葉さんは小心者で泣き虫ながら生徒思いの新人教師役を熱演しました」(テレビ誌ライター)



 先輩の体育教師役で共演した氏家恵は、初々しかった相葉を懐かしむ。



「スタジオの前室にソファがあって、自分の出番を待つ人たちがそこに座っていたのですが、相葉さんは座らずに端のほうで立っていました。みんなが“座りなよ”と言っても、“いえ、僕はここで大丈夫です”と遠慮していました。ベテランの役者の方が多かったので、緊張していたのかもしれませんが、ほかに誰かが座っていなくても、いつも立っていましたね」



■「マーくんはトップアイドルじゃん」に対して

 当時の相葉はアイドルというよりも、友達のような雰囲気だったという。



「自分の出番がない空き時間には、私と相葉さんと温水洋一さんの3人でスタジオの中にある食堂に行ったことも。アルバイトの休憩時間のように、3人で丸いテーブルに座ってたわいない話をしましたね。彼は現場に台本を持ち込まないのに、セリフはいつも完璧に頭に入っていました」(氏家)



 相葉といえば、天然なキャラクターで老若男女問わず誰からも愛されるイメージだ。’05年に彼が初主演を務めた舞台『燕のいる駅』で共演した猪野学は、当時からそんな雰囲気があったと話す。


あわせて読みたい

相葉雅紀のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「相葉雅紀、ブレイク前にこぼしていた「僕たちの代わりはいくらでもいる」発言」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    40歳目前でもCMでは10代を演じなければならない哀しさ。事務所も製作側も年相応の役をやらせてあげるべきだと見てて思う。なんだか可愛そう。

    0
この記事にコメントする

「相葉雅紀 + twitter」のおすすめ記事

「相葉雅紀 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

「相葉雅紀 + 熱愛」のおすすめ記事

「相葉雅紀 + 熱愛」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「生田斗真」のニュース

次に読みたい関連記事「生田斗真」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月29日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 相葉雅紀 twitter
  2. 相葉雅紀 ドラマ
  3. 相葉雅紀 熱愛

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。