渡部建「不快なスキャンダル」で先手自粛も、炎上までのカウントダウン
拡大する(全1枚)
昨年11月、家具店でテーブルを選ぶ佐々木希渡部建。渡部は1歳の息子を抱いていた

「わっくん」「のんちゃん」と呼び合い、2年前にストレートに「僕と結婚してください、必ず長生きしますので」とプロポーズをし、幸せいっぱいだったはずの、渡部建と佐々木希夫婦。2018年9月には子供にも恵まれ、インスタで家族の仲のよさもチラ見せするなど順風満帆だと思われていた夫妻に、何が起こったのだろうか。



「渡部サイドが9日に、出演するテレビ局に対し番組出演の全面自粛を申し入れたんです。理由はまだ公表されていませんが、“視聴者を不快にさせるスキャンダル”ということで、不倫がささやかれています。まだ直接、原因となったものが発表されていない段階での自粛は、先手を打った、ということでしょう」(スポーツ紙記者)



 結婚当初から年の差はあるものの、幸せをアピールしていたふたりだが、昨年7月、佐々木がインスタで渡部とのツーショットを削除したことを機に、度々、不仲がささやかれはじめる。しかし、渡部はつい先日も円満を強調している。



「先週放送された『人生最高レストラン』(TBS系)で渡部はリモート出演し、妻がお取り寄せした食材で料理をしてくれた、など話していました。また、お忍びで行くとんかつ屋さんにはキッズルームがあるなどの情報や、2つ目の冷蔵庫を買ったことなど、美食家、そして家族円満を前面に出していました」(同前)



■渡部建、大ピンチ