河井案里容疑者、生まれ育った宮崎での「評判」と叔母が明かした「素顔」

 4歳のとき、国立大学の付属幼稚園に入学。自宅も宮崎市内に転居した。



 このころは、



《将来パンダちゃんになろうとマジで決意していた。それが無理ならうさぎでもよかった》(案里容疑者の公式ホームページより、以下同)



 と、かわいらしい発想も。



 付属小、付属中と進学するに従い、控えめな性格が形成されていったようだ。



■生徒会役員をやっていた

 10代のころを知る女性は「物静かで頭のいい娘さんでしたね」と振り返る。



「外で友達と遊ぶよりも、自宅でお母さまとピアノを弾いたりするほうが楽しかったみたいです。中学生になっても反抗期はなく、合唱部に入部してお母さまを喜ばせていました。思春期にはフンッと澄ました態度をとるようになったり、どこか冷たい感じも見受けられるようになりましたが、グレることはありませんでした」(同・女性)



 中学では合唱部のほか美術部にも所属し、少女らしい一面をのぞかせる。美術部に入ったのは部室から校庭が見やすかったためで、友達と、



《好きな男の子の部活中の姿を見るのに忙しく、作品を作っている暇なんか、なかった》



 と恋心を募らせた。



 高校は、県内でも有数の県立進学校に合格。成績別の『私大文系』クラスでこつこつと学力を伸ばしていった。



 高校で同級生だった女性が言う。



「真剣に将来を見据えて勉強していました。まじめで明るくて美人で、元気ハツラツな素敵な子でした」



 一方、同級生の男性は、



「学校のマドンナとまではいかないけれど、案里さんのことを好きな男子生徒はいましたね。案里さんは生徒会役員をやっていて、“マフラーとコート着用の自由化運動”に取り組んだんです」


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「河井案里容疑者、生まれ育った宮崎での「評判」と叔母が明かした「素顔」」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    人間は環境で変わっていく!国会議員を辞めたら目を覚ます!

    1
  • 匿名さん 通報

    前科者の認知症の二階のジイサンが黒幕なら面白いんだけどね。

    1
  • 匿名さん 通報

    案里受刑者の顔を見てると思うことがあるんだよね。南米アマゾンに棲息してそうな鮮やかな色した毒カエルみたいな顔してる。

    1
  • 匿名さん 通報

    無能で悪質

    1
  • 匿名さん 通報

    やっぱり金の力は偉大なり。夫妻で腹黒く汚い人です。そんな金に物言わせるような人に実力があるのでしょうか? 私は無いと思います。本当に実力ある人は誰にも頼らず、自分一人で道を切り拓くものだと思います。

    0
この記事にコメントする

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月30日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。