いま「90年代ドラマ」がアツい!人々を魅了する名作&名ゼリフをプレーバック!

       
いま「90年代ドラマ」がアツい!人々を魅了する名作&名ゼリフをプレーバック!
『ロングバケーション』('96年)

 視聴率20%超えは当たり前。放送翌日には学校や職場で、“見忘れたから会話についていけない!”なんて経験も。そんな名作ぞろいの'90年代ドラマが再放送などで再び話題に。四半世紀の時を経ても、なぜ人々を魅了するのか? 女性読者800人へのアンケートや、過去の名作&名ゼリフとともに徹底解剖します!



■'90年代ドラマには
恋愛ドラマの基礎が

 コロナ禍でドラマ制作が滞り、次々と過去の名作が再放送された。その中で話題となった作品のひとつが、豊川悦司がろうあの画家を演じ、ヒロイン・常盤貴子との大人の純愛を繰り広げた『愛していると言ってくれ』。“トヨエツ”として一世を風靡した豊川の美しさや色気を再確認し、恋愛の神様と謳われた脚本の北川悦吏子のセリフが時代を超えてもなお、多くの人の心に響いた。
 
 今年4月には、恋愛ドラマの金字塔『東京ラブストーリー』が29年ぶりに現代版として復活。“ドラマの黄金時代”と称される'90年代ドラマが再び脚光を浴びている。



「'90年代ドラマにはラブストーリーの基礎がすべて詰まってるんです。恋愛ドラマの教科書がここにあります」
 
 と語るのは、30年以上もドラマに関する作品を発表し続けている漫画家のカトリーヌあやこさん。そのことを決定づけたのは、やはり'91年の『東京ラブストーリー』だと話す。



「'80年代後半のバブル期に始まったトレンディードラマはちょっと背伸びした生活や恋愛を描いて、若者の憧れとなりました。“東ラブ”はそこを等身大へと戻し、憧れを共感へと変えた。世の女性は鈴木保奈美演じる赤名リカに感情移入し、着ていたステンカラーのコートをまねして着ました。ただ、バブルを経ているので基本の女性像が肉食女子なんですよ。それを象徴するのが、“セックスしよ”というセリフで、あれは衝撃的でしたね。カンチ(織田裕二)とリカが結ばれないというラストも視聴者をざわつかせました」(カトリーヌさん、以下同)
 
 火曜日は街のあちこちで“東ラブ”の話題一色。まだSNSがない時代のため、ドラマが娯楽の主役だったのだ。
 
 恋愛にも仕事にもアグレッシブな'90年代のヒロインたちは、今の若者たちにはキラキラと輝いて見えるのでは、と分析する。


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「視聴率 + ドラマ」のおすすめ記事

「視聴率 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月5日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 視聴率 ドラマ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。