「生活保護を受けるほど落ちぶれていない」貧困は恥なのか? SOSを阻む“自己責任”論

  深刻化が増す「貧困」問題。そんななか、SOSを出したくても出せない人たちがいる。支援が必要な人たちを、さらなる窮地へと追い込む「貧困は自己責任」論とはーー。貧困、格差問題を取材し続け、自らも「隠れ貧困」の家庭で育った経験を持つ、『年収100万円で生きる―格差都市・東京の肉声―』の著者でフリージャーナリストの吉川ばんびさんに現状を聞いた。



「生活保護を受けるほど落ちぶれていない」貧困は恥なのか? SOSを阻む“自己責任”論
※画像はイメージです

「生活保護を受けるほど落ちぶれてはないんです」 



 これまで、貧困当事者から何度も聞いたこの言葉の重みというか救われなさに、頭をもたげることが増えた。彼ら彼女らにとって生活保護を受給することは「恥」であり、超えてはならない最後の一線なのかもしれない。 



 現在の日本には、貧困に陥っている人に対して差別的な意識や偏見を持つ人々が少なからず存在している。そのなかでもっともメジャーで代表的なものが「貧困は自己責任」だ。



 低賃金で働く非正規労働者やシングルマザー、中高年のリストラなどの社会問題を報じるニュース記事には、必ずといっていいほど「自業自得」「自分が悪い」といった批判コメントがずらりと並ぶ。貧困問題について論じることの多い私のもとにも、こうした主張を持つ読者から連絡が届くことは決してめずらしくない。



■誰もが他人事だと思っている

「貧困自己責任論」が蔓延している社会で、「自らが金銭的に困窮している」と認めることの意味を考える。



 社会を構成するピラミッドの中で、自分が下層側に位置していること。「恥ずかしい」と考えていた貧困の当事者に、いま自分自身がなってしまったこと。その原因は「自分の努力が足りなかった」せいかもしれないこと(「努力すれば貧困にならない」といった言論はそもそもなんら根拠がない間違いであるため、ここで明確に否定しておきたい)。 


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「生活保護を受けるほど落ちぶれていない」貧困は恥なのか? SOSを阻む“自己責任”論」の みんなの反応 15
  • 匿名さん 通報

    仕事がないなら、子供産むな、病気するな、って言われている気がします。でも生活が苦しいと無理をするし、検診にもいけないし、健康保険料も馬鹿にならなくて、病気になりがちなんです。

    7
  • 牟田光生 通報

    僕はNPO法人教育研究所,宇奈月自立塾の理事長です。生活保護は家庭事情が複雑な人や生活困難者が受けているので、僕で良かったら相談にのります。

    5
  • 匿名さん 通報

    過去に外国人による不正受給が多発した事が、生活保護へ厳しい目を向ける一因となったであろう事は疑いようがないな

    5
  • 牟田光生 通報

    生活保護の事なら僕も知っているので、僕で良かったら相談にのります。

    4
  • 匿名さん 通報

    私は障がい者で一般就労が難しく遺伝の疾患も出て来てDrストップになりました子供はまだ義務教育中で子供も発達障がい者です受けられる公的なものは全て受けています不足を生活保護に補填して貰っています

    4
この記事にコメントする

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月5日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。